イタリア戦

2013/06/20 尾崎 由典 (木曜日)


 

さて、イタリア戦を3-4と逆転負けを喫したザック・ジャパン。

 

敗因は一体どこだったのでしょうか?

 

自分なりに解析。

 

まず、試合の尾崎採点は75点。※100点満点中。

 

イタリアは80点。

なんとも悔しい試合でしたね。

前半の2-0のリードからの逆転はさぞファンの方は肩を落とされたことでしょう。

でもサッカーあるあるなのですが、2-0は一番逆転されやすいスコアなんですよ。

 

それにしても、イタリアって追い込まれたら本当に強い。

 

スロースターターなイタリアに留めを刺すポイントは早めの三点目だった気が・・・

日本代表のポゼッションサッカーも良い事は良いのですが、いまいち強みがないですよね・・・

 

スペインみたいにスイッチを入れた瞬間に驚異的にゴールに全員が向かう強さみたいなのが欲しいなぁと思いつつ、

 

なぜ強みがないのか考えた結果、前線にボンバーが居ない事が原因なんかなぁと勝手に思っていました。

 

トーレスとかバロテッリとかみたいな、スーパーなボンバーが居ればもっとアタッキングゾーンで相手に驚異を与える事が出来るのに・・・・

 

そしたら香川と岡崎がもっと生きてくるのになぁー
ザックはあのシステムのまま行くんでしょうかね?

 

あのメンツだと3-4-2-1とかにすれば守備とか安定しそうなもんですがね。

 

あとはショートカウンターに対する、1対1の局面じゃないでしょうか。

 

2点ぐらいは抑えれた感じもしたんですがねー。

まだまだサッカー見てたら思う事いっぱいあるんですけど、見てるのとやってるのは全然違うので、そううまくはいかないんでしょうね。

日本代表の選手たちはスーパーにめちゃめちゃ上手いですから、彼が負けたという事はそれ以上に相手が一枚上だったって事でしょう。

 

ディフェンスだけで守備をしている訳じゃありませんから、4点も獲られたということはチームバランスがイタリアより良くなっかのかもしれませんね。

でもミスひとつが1点につながるプレッシャーの中でやっている監督含め選手たちはホントにスゴイですよねー。

自分がやってただけに、いつも固唾をのんで見守ってます。

 

 

頑張れ!ニッポン!

 

 

メキシコ戦は頼むぞ!ニッポン!。

 

 

以上尾崎でした。

 

 


Comments: 0件 Tags: 

カレンダー

2013年6月
« 5月   7月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
投稿 (RSS) 投稿 (RSS) 投稿 (RSS)

バックナンバー

スタッフブログの最新記事


リンク集

サイト内検索


Go Top