秘境訪問。

2017/06/14 安田 和弘 (毎週水曜日)


数メーター先が見えない深い霧の中、笹に覆われた山道を

歩いていると霧の中に突然大きな銅像が現れる。。

今でもタマに夢に出てくる鳥肌が立つ子供のころの光景。

 

以前からこのブログで小中学生の頃には父親に連れられて休日は

山の中で過ごしていたことを何度か書いています。

 

前述の光景は和歌山と奈良の県境にある秘境”大台ケ原”の

散策道の光景です。

 

深い山岳地帯の真ん中、日本有数の降水量を誇るこの地域は

珍しい動植物の宝庫で、ここでしか見られない植物なども多数あるそうです。

 

父親が亡くなる前に”また一回行きたい。。”と言っていたのに

叶えてあげることが出来ず、私も久しぶりに行きたいと思っていた場所でした。

 

大阪から片道約130キロ。舗装されているとはいえ大半は奥深い山道。

下道でおよそ片道3時間ほどのツーリングとなりましたが、昨日火曜に

一人で訪れました。

 

途中、大きなダムや長いトンネル、延々と続く山道を走りやっと

大台ケ原駐車場へ。

 

例の銅像は神武天皇が東征の際に吉野に抜ける途中に一服し、腰かけた石を

記念して昭和初期に建立されたそうです。

もう一度見たかったのですが、時間が(体力、気力が?)無く少し山に入ったものの

断念。もちろん、絶景の大蛇嵓等にもたどり着かず。。

 

 

帰り道、20キロほど山道を下ったところにある渓谷の温泉で一風呂浴びて

(さすがに平日の秘湯。完全貸し切り(嬉!))走りだすと、前を中型犬位の

黒い小さい熊が、、(!)

立て看板によるとツキノワグマの生息地でタマに出るようです。

(大きいのじゃなくてヨカッタ。。)

 

最近の休日はマイナスイオンを浴びまくっている、豊中店の安田でした。

 

 

 

 


Tags: 

コメントは受け付けていません。

カレンダー

2017年6月
« 5月   7月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
投稿 (RSS) 投稿 (RSS) 投稿 (RSS)

バックナンバー

スタッフブログの最新記事


リンク集

サイト内検索


Go Top