幻の作品

2017/11/18 植田 茂夫 (毎週土曜日)


 

みなさん、おはようございます。

 

あの『モナ・リザ』や『最後の晩餐』を手がけた

芸術家レオナルド・ダ・ヴィンチの「サルバトール・ムンディ」が、

美術品史上最高の508億円というこれまでの

パブロ・ピカソの最高額215億円の2倍以上で落札!!

 

と、話題になっています。

 

 

 

 

 

 

現存するダ・ヴィンチ16作品のうち、

長い間消失、破損されたと考えられていた作品であり、

唯一個人所有の幻の作品は、

数十分に及ぶ入札の末、匿名の買い手によって落札されたそうです。

 

 

ところがこの作品、1958年のオークションで

わずか45ポンド(当時約5万円)で売却されたことがあり、

以降も傷みがひどく贋作として扱われてきたといいます。

その後、修復し鑑定しなおすとダ・ヴィンチの絵であることが

明らかになり今回の価格になったということ。

 

なにかしら面白い話ですね。

 

それにしても

買える人がいるんですね、世の中には、、、

競り合うんですから何人もいるんですね、世の中には、、、

 

恐ろしいです。

 

 

それでは又来週、植田茂夫でした。

 

 

 

 

 

 

名所ではありませんが、

人も少なかったですが、

なかなかの紅葉でした

 

 

 

 

 


Tags: 

コメントは受け付けていません。

カレンダー

2017年11月
« 10月   12月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
投稿 (RSS) 投稿 (RSS) 投稿 (RSS)

バックナンバー

スタッフブログの最新記事


リンク集

サイト内検索


Go Top