指針たるものは何ぞや

2017/06/15 尾崎 由典 (木曜日)


こんにちは尾崎です。

 

先日、お客様との会話の中で「座右の銘」の話になり、そういえば座右の銘なんてものは自分にはない事にふと気付いた私ですが、お客様に座右の銘は何ですか?と伺ったところ

 

「天知る 地知る 子知る 我知る」

 

とおっしゃられました。

 

・・・・どういう意味ですか?

 

と尋ねたところ

 

日々の行いは誰かが必ず見てるんや。お天道様が見てりゃ、二人だけの秘密も自分と相手が知ってる。それを地も聞いてる。だから常に清く正しく嘘や隠し事はせず、行いは慎み深くという事やな!

 

僕その言葉を大事に毎日を生きている。

 

 

 

はぁ~といたく感銘を受けているところに

 

座右の銘は人生の指針になるから、無理には作らなくて良いけど持ってた方がいいよ。

 

と言われましたが、ひねれどひねれど指針たるモノは出てて来ず。

 

これからゆっくりと見つけていきたいと思います。

 

しかし、お客様との会話が何かズシーンと響きました。

 

座右の銘というものはその人を表すものかもしれませんね。

 

以上尾崎でした。

 


Comments: コメントは受け付けていません。 Tags: 

ちさの花 咲ける盛りに はしきよし

2017/05/18 尾崎 由典 (木曜日)


こんにちは尾崎です。

 

弊社住吉店の北東に何本の木が幾重にも枝分かれし太陽に手を伸ばすようすくすくと育っております。

 

 

以前よりこの木の成長を見届けております。

 

植田専務も水やりを手伝ってくれます。豪快にバケツで水をぶっかけますが・・・笑

 

そして毎年、その甲斐もあってか、この季節になると綺麗な花を咲かせます。

 

 

満開から散るまでのスピードは猛烈ですが、なんとも鮮やかな白い花を咲かせます。

 

 

万葉集にも登場する「ちさの花」。エゴノキです。

 

このエゴノキは多くの生き物たちの肥やしとなります。

 

そして色んな出来事を教えてくれます。

 

アルゼンチンアリの襲来や、カミキリの幼虫の発見。←これはマズい。枯れてしまうかもしれません。

運命共同体のクマバチ君に蜜を吸わせてあげる代わりに、受粉を手伝わせる。素晴らしいビジネスパートナーです。

 

クマバチは大変真面目できっちりと受粉のお手伝いをしてくれます。昆虫の中でもかなり優秀な営業マンです。

 

因みに花を下向きに咲かすのには理由があり、決してネガティブなわけではありません。

 

ビジネスパートナーを選ぶ為です。不真面目で気まぐれな蝶々ではあまり受粉の手助けにはなりませんので、真面目で几帳面な屈強な顎の持ち主アナバチ系のクマバチしか蜜が吸えない仕組みになっているのです。

 

他の植物には不真面目で気まぐれな蝶々を好むモノもたくさんいます。要は植物たちは自ら、仕事相手を選んでいるわけです。

※不真面目や真面目と言われる理由はちゃんとありますが、今回は割愛します。

(蜜を吸うクマバチの近距離撮影に成功!!)

 

そんな様々な生き物たちの懸命に生きる様をこのコンクリートジャングルの中で垣間見る事が出来る、僕にとっては面白い場所です。

 

毎日、見ていると少しの変化にも気づくようになります。

 

ほんの小さな出来事が彼らの生命に大きな出来事をもたらします。

 

クマバチがいなければ、彼らは繁栄する事は出来ませんし、アリたちがせっせと足元で土を肥やしてくれるおかげで栄養のある水分がいきわたりますし、木の実を食べる鳥たちが各地に子孫繁栄をもたらしてくれます。

 

日常の中に埋もれている1ページを細かく砕いて見る事で壮大な物語がある事をエゴノキが知らせてくれます。

 

綺麗な花を咲かす一瞬のためのストーリーが1年間の準備期間を経てもう既にこの春先には出来上がっているわけです。

 

綺麗な花を咲かす事が出来なければ彼らは死に絶えますので、色んな協力者を募りじっと来年のこのシーズンまで忍耐強く生き抜くために耐えしのぐのです。

(11月頃のエゴノキの実と種)

 

ある意味、人生の教訓を教えてくれる先生なのかもしれませんね。

 

 

以上尾崎です

 

 


Comments: コメントは受け付けていません。 Tags: 

35億♪

2017/05/11 尾崎 由典 (木曜日)


こんにちは尾崎です。

 

GW中は娘が貰ってきた風邪で家族全員ぶっ倒れておりましたが

 

なんとかお休み最終日頃には復活し、20代の回復力に感謝しながら天王寺動物園へ行ってきました。

 

とはいっても20代は今年で最後ですので、ぼちぼちまともな大人にならないとマズいですね。

 

会長ご一家とはお会いできませんでしたが、動物たちにはたくさん会ってきました。

 

娘の為に行ったとはいえ、大人でも面白いです。動物園。

 

人が多かったせいもあるのか、夢中だったせいもあるのか、ふと辺りを見渡せば妻と娘がいなくなり、私が迷子になったのはここだけの話。

 

写真の撮り忘れはお決まり事。

 

気をつけます・・・

 

すごく話は変わりますが、自分が最近ブルゾンちえみの側近「WITH B」に見えて仕方がなく、気にしております。

 

~♪・・・・35億♪

 

ではなく、7億円の宝くじでも当てて気分を晴らしたいところです。

 

モノを買いさえすればあとは・・・・待つの。

 

 

で大丈夫なはず。

 

 

アホなことばかり言っては、流石に怒られそうです。

 

ちゃんとします。

 

 

以上、尾崎でした。

 

 

 

 


Comments: コメントは受け付けていません。 Tags: 

プラネット・アース 氏田自動車編

2017/04/27 尾崎 由典 (木曜日)


好きこそモノの上手なれ

 

とはよく言ったもので、将棋界ではあの羽生三冠を打ち負かす少年プロ棋士が現れるなど、最近の少年少女たちは侮れないですね。

 

日本の将来を担う彼(女)たちを大切にしていかなければなりませんね。

 

それはさておき、春がようやく芽吹いて参りました今日この頃。

 

弊社住吉店では鳥たちが鉄塔の上から朝早くいつも「いらっしゃいませ」とお客様に声を出してくれております。

 

この季節になると子育てに追われる「ムクドリ」たちです。

 

 

昔は益鳥として重宝された鳥です。

 

田や畑を食い荒らす害虫を片隅まで駆除してくれていたため、益鳥として人間に可愛がられたと聞きます。

 

わざと木の上の方の果実は「ムクドリ」の餌として残していたり、とても大切にされていたように思います。

 

ですが、都市開発などにより生息区域の山や、田畑が減少した為、餌を追い求め都心部にも住み着くようになります。

 

今では弊社の鉄塔にすら巣を作り、親子で朝出迎えてくれますが以前「益鳥」だったムクドリは今や「害鳥」として指定されております。

 

生存競争に勝ち残る為、パートナーに選んだ人間に裏切られる形となり行き場を失った「ムクドリ」たちは都心部で、また生存競争に精を出すわけです。

 

逞しく生きる動物たちにとって、本当の害は「人間」ではないかと思うわけであります。

 

雛たちが生まれて2回目の春がやって来ましたが、それらが1人前の大人になるまでは見守ってやりたいですね。

 

糞の掃除が大変ですが、きっとまた僕らにとっても益鳥として活躍してくれる事でしょう。

 

以上尾崎でした。

 

 


Comments: コメントは受け付けていません。 Tags: 

勉強の巻

2017/02/16 尾崎 由典 (木曜日)


こんにちは。尾崎です。

 

前々回のブログで古事記について勉強しようと書きました。

 

先日、本屋さんにて古事記がわかりやすくまとめられている本を見つけまして早速勉強中です。

 

 

なんせ、一番わかりやすいと題しているのですからこれでわからなかったら

 

もう古事記については理解できないという事です。そうなれば諦めます。

 

ひと昔前なら、かっちょよく難解な歴史書を読解してやるぜ!なんて思い、訳の分からぬまま専門書をよく買いあさったものですが・・・

 

これも大人になった証なのでしょうか?

 

地に足つけてゆっくり自分のペースで理解してみたいと思うようになり、書店員さんに笑われないかな?

 

と思いながら手に取った1冊。

 

ええかっこはしないでイケた。そんな自分が微笑ましく思えた古事記勉強の巻。

 

人生常に身の丈でありたいなと思いました。

 

 

そんな事を思っていると、我が娘は身の丈に合った本を選んでいたようです。

 

 

これが現在彼女のマイフェイバリット。涎を垂らしながら、興奮気味で毎日かかさず読んでおります。

 

 

子供に勉強させてもらっている親1年目。尾崎でした。


Comments: コメントは受け付けていません。 Tags: 

毎年の恒例行事

2017/02/09 尾崎 由典 (木曜日)


こんにちは。尾崎です。

 

この時期になれば、我が家では毎年恒例行事になっている観音さんで厄払い。

 

あびこ観音。実は日本最古の観音さん。創建は西暦546年。

 

本当に住吉の地というのは日本文化に非常に重要な地である事を思い知らされますね。

 

正月の住よっさんでお礼参りに報告、祈願。えべっさんで商売繁盛。

 

最後に観音さんで厄払い。この3セットが我が家の恒例行事。

 

 

訳も分かっていない小さい頃からこの風習が染みついており、つくづく日本人であり大阪人である事を実感します。

 

護摩行をする住職の方々は顔を真っ赤にしながら祈祷していて、その姿を横目にポカポカと暖を取りにしばらく護摩行を見つめながら今年も帰路につきました。

 

大阪の冬もしばらくすれば春へと変化していきます。

 

四季折々が楽しめる行事があるのは古都ならではですね。

 

 

ウジタオートサロンの冬から春へはやっぱりあのイベントですよね~

 

是非、お愉しみに!!

 

以上尾崎でした。


Comments: コメントは受け付けていません。 Tags: 

グニャグニャ

2017/02/02 尾崎 由典 (木曜日)


こんにちは。尾崎です。

 

前回の解答です。

 

たまにはこんな問題も頭には良いかもしれませんね。

 

 

では解答です。

 

 

正方形の面積=一辺×一辺ですから、A=α二乗 B=α+9(β+3) C=β二乗 ・・・ABC=α二乗+{α+9(β+3)}+β二乗

 

Xさえわかりゃ全てがわかる事になりますので、30cm+9cm+3cmの割る事の3をしてあげればBの一辺が求めれますので

 

残りのA、Cは9と3を引いてやればおしまいです。

 

 

僕はパッと思いつきませんでしたので、こういうのが一瞬でわかれば頭が少しは柔らかくなった証拠ですね。

 

 

 

グニャグニャの頭になりたいっ!とは思うもののグニャグニャになるのはいつも信念の方ばかりで・・困ったものです(´・ω・`)

 

 

いい加減しっかりせにゃイカンという事で、いつものようにフワフワ、トボトボと歩いているとつい気になる事が頭をよぎり

 

 

グーグル先生のもとを訪ねました。そうすると先生はすぐに問題を解決してくれました。流石先生、これだけ博学であればじきにノーベル賞ですな。

 

えっとまぁその気になるものとは、神社にある鳥居の形ってアマテラスの岩戸隠れの際に鳥?を鳴かせる為に建てた止まり木の役割説。

 

・・・の鳥?って何て名前だっけ?という事で先生を訪ねた訳ですが、そんなしょうもないことも嫌な顔せずで毎度助かります。

 

 

で、そういえば日本神話って何?日本書紀と古事記ってどう違うの?から始まり、色々な事が知りたくなってたまりませんので

 

 

これから古事記を勉強しようと思うわけです。

 

と言っても原文が読めるはずもなく、読めたとしても意味が分からずでわかりやすく古事記の内容に触れているものを探そうと思います。

 

きっとこの本に世界最古の国王家をもつ我々、日本人の真髄と日本の心髄が詰まっているのです!

 

 

まぁ戦後この辺りの話を歴史の教科書からカットした訳ですから、何か大切なモノがそこにあるはずなのです。

 

 

グニャグニャの信念を立て直す時が漸くやって参りました( `ー´)ノ

 

 

それにしても秘密というのは何故か知りたくなる。不思議ですね~

 

 

教科書から消えていて逆に興味が沸いてきましたよ。

 

 

では次週。 オザキでした。

 


Comments: コメントは受け付けていません。 Tags: 
Page 1 of 2112345...Last »

カレンダー

2017年6月
« 5月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
投稿 (RSS) 投稿 (RSS) 投稿 (RSS)

バックナンバー

スタッフブログの最新記事


リンク集

サイト内検索


Go Top