久しぶりの未使用車!

2018/12/15 植田 茂夫 (毎週土曜日)


 

みなさん、おはようございます。

 

年の瀬に久しぶりに未使用車が入ってきました!

 

今年9月に新車登録されたばかりの特別仕様車で、

エクステリアとインテリアにAMGラインを装備した

 

「メルセデスベンツC180ローレウスエディション」

レーダーセーフティーパッケージも装備された

イリジウムシルバーの走行は、わずか25km!

 

特別価格にて近日ホームページにアップします。

乞うご期待!!

 

 

・・・で、その車に付いているナンバープレートが、

「神戸31F」

 

 

 

 

人気のある番号で上段の「分類番号」を使い果たすと

アルファベットが入ってくる、とは聞いていましたが、

実物を見ると見慣れないので少々違和感が・・・

 

横浜や名古屋に続いて神戸、

もしかすると 大阪も始まりだしているのかも・・・

 

 

それでは又来週、植田茂夫でした。

 

 


Comments: コメントは受け付けていません。 Tags: 

踏み間違い加速抑制システム

2018/12/08 植田 茂夫 (毎週土曜日)


みなさん、おはようございます。

 

トヨタは高齢者をはじめとする運転者の

ペダルの踏み間違いの事故を受けて

 

プリウスとアクアから今お乗りの車両に

後付可能な「踏み間違い加速抑制システム」を

純正用品として販売をするそうです。

価格は55,080円。

 

 

完全停止するブレーキ制御(自動ブレーキ)ではありませんが、

センサーが前後3メートル以内の障害物に対し

間違ってアクセルを踏み込むと

警告音とともにアクセルを離すよう表示され

加速を抑制するというもののようです。

 

 

 

 

 

昨今の踏み間違いや疾患による暴走を抑えられ

大きな事故が減るのであれば高くはないように思います。

 

順次車種を増やしていくとのことですが

トヨタ車にお乗りで安全装置未装着の方は

一度問い合わされてはどうでしょうか。

 

サポトヨ→ https://toyota.jp/sapotoyo/commentary/sapotoyoplus/kasoku_yokusei_system/?padid=ag001_tjptop_info_news_contents

 

それでは又来週、植田茂夫でした。

 

 

 

 


Comments: コメントは受け付けていません。 Tags: 

決まりましたね!

2018/12/01 植田 茂夫 (毎週土曜日)


 

みなさん、おはようございます。

 

2025年の万博がロシアとアゼルバイジャンを退け

大阪で開催されることが決まりました。

喜んでおられる方、心配されている方色々ですが、

東京オリンピックに続き、まずはやれやれです。

 

 

 

 

大阪万博は1970年以来の開催となり、

テーマは、「いのち輝く未来社会のデザイン」。

会場は人口島の「夢洲(ゆめしま)」で、

想定来場者数は2800万人だそうです。

 

 

ところで、万博には総合的なテーマの「登録博」と、

規模やテーマを絞った「認定博」があるそうで、

2025年大阪万博は登録博となります。

 

 

これまでの日本開催の万博は、

 

1970年 日本万国博覧会(大阪万博)

「人類の進歩と調和」6421万人

 

1975年 沖縄国際海洋博覧会

「海―その望ましい未来」348万人

 

1985年 国際科学技術博覧会(つくば科学万博)

「人間・居住・環境と科学技術」2033万人

 

1990年 国際花と緑の博覧会(花博)

「自然と人間の共生」2312万人

 

2005年 日本国際博覧会(愛知万博)

「自然の叡智」2204万人

 

で、1970年の大阪万博と2005年の愛知万博が登録博、

他の3回が認定博となっています。

 

 

当時小学生だった大阪万博は、

人の多さと共にまさに夢の博覧会でした。

2025年、70歳に近づく目にはどのように映るのか楽しみです。

 

 

それでは又来週、植田茂夫でした。

 

 

 


Comments: コメントは受け付けていません。 Tags: 

「奈良赤レンガFESTIVAL」

2018/11/24 植田 茂夫 (毎週土曜日)


 

みなさん、おはようございます。

 

明日、11月25日(日)まで

旧奈良監獄(少年刑務所)で

「奈良赤レンガFESTIVAL」

→ http://former-nara-prison.com/festival/

が開催されています。

 

 

 

 

 

 

 

旧奈良監獄(少年刑務所)とは、

日本最古の刑務所であって「明治の五大監獄」のひとつですが、

その美しい赤レンガの西洋風建築が建てられた背景には

明治時代、外国人を日本の法律で裁くことができない

不平等な条約の改正のため日本が近代法治国家として

対等に渡り合える国になったことを示すために

建設したものだそうです。

 

 

そんな重要文化財の旧奈良監獄が、

歴史を引き継ぎながら2021年ホテルに生まれ変わるそうです。

監獄後のホテルって、、、開業が楽しみです。

 

 

それでは又来週、植田茂夫でした。

 

 

 


Comments: コメントは受け付けていません。 Tags: 

ディーゼル車「走行禁止」??

2018/11/17 植田 茂夫 (毎週土曜日)


 

みなさん、おはようございます。

またまた自動車関連の話です。

 

いよいよドイツでディーゼル車が「走行禁止」??になるかも・・・

 

連邦行政裁判所が、

「2019年2月からユーロ4以前のディーゼル車および ユーロ2以前の

ガソリン車のフランクフルト市内中心部での 走行を禁止する」

と発表したため騒ぎになっているそうです。

 

 

 

 

 

 

=============================

ユーロ1~6(欧州排出ガス規制)とは、

 

EU(欧州連合)における段階的な自動車排出ガス規制で、

1970年の乗用車および軽トラックから始まり、

1988年には総重量3.5t以上の重量トラックに対する規制が実施。

その後、Euro1(1992年~)、Euro2(1996年~)、Euro3(2000年~)、

Euro4(2005年~)と逐次実施され、2009年からはEuro5が、

さらに2014年からはEuro6が導入されている。

=============================

 

 

 

現在ドイツではユーロ4が311万台、ユーロ5が565万台

のディーゼル車が走行しており、

オーナーは走行禁止に加え、査定が大きく下がることを心配しているとか。

 

今後は14の街で同様の措置がとられる予定のようです。

 

ドイツの自動車環境が大きく変わろうとしています。

この流れはメーカーに大きな影響を及ぼしそうです。

 

 

それでは又来週、植田茂夫でした。

 

 


Comments: コメントは受け付けていません。 Tags: 

日本カー・オブ・ザ・イヤー

2018/11/10 植田 茂夫 (毎週土曜日)


 

みなさん、おはようございます。

 

今年も「2018-2019 日本カー・オブ・ザ・イヤー」の

エントリー27台の中から最終選考に進む上位10台

(10ベストカー)が決定しました。

 

 

 

 

 

 

2018-2019 日本カー・オブ・ザ・イヤー「10ベストカー」

 

スバル「フォレスター」

トヨタ「カローラ スポーツ」

トヨタ「クラウン」

ホンダ「クラリティ PHEV」

マツダ「CX-8」

三菱自動車「エクリプス クロス」

アルファ ロメオ「ステルヴィオ」

BMW「X2」

ボルボ「XC40」

フォルクスワーゲン「ポロ」

 

 

昨今のブームのとおりSUVがなんと10台中6台!

輸入車は10台中4台!

 

さてさて、昨年のボルボXC60に続き

2年連続で輸入車が獲得するのか

それともクラウンがノミネートされた

国産車が奪回するのか・・・

 

 

2年連続ボルボはなさそうだし、

スバルは辞退するらしいし、、、

 

となると、やっぱりクラウンが強そうですが、

12月7日の最終選考会を待ちたいと思います。

 

 

それでは又来週、植田茂夫でした。

 

 


Comments: コメントは受け付けていません。 Tags: 

「KINTO」

2018/11/03 植田 茂夫 (毎週土曜日)


 

みなさん、おはようございます。

 

一昨日、

トヨタが月定額で車を乗換え放題の 「KINTO」というサービスを

2019年から東京で試験スタートする、と発表しました。

 

税金・保険料・メンテナンス料を含み月定額で 乗りたい車を

自家用車同様に使う 新しいシェアリングサービスです。

 

 

 

 

 

すでに全店舗で全車種販売をすると発表したり、

今までのようなメーカー主導ではなく

地元販売店主導での モビリティーサービスの提供などなど

巨大ネットワークを駆使しながら

トヨタが最近発信している地域密着、

町と人の暮らしを豊かなものにしていくという

サービスを提供する「モビリティカンパニー」

への変革が具体化されてきました。

 

 

時代が変わり世界のトヨタも柔軟に変化しています。

このモビリティーサービスという流れを他メーカーも追従するのか、

はたまた新しいメーカーのありかたを作り出すのか、

ここ10年もしないうちに答えがでているでしょう。

 

 

どんどん変わります。

朝令暮改。

100年に一度の大変革ですから。

 

各メーカーがどのように変化していくのか、

面白い時代に遭遇できそうです。

 

それでは又来週、植田茂夫でした。

 

 


Comments: コメントは受け付けていません。 Tags: 
Page 1 of 9712345...Last »

カレンダー

2018年12月
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
投稿 (RSS) 投稿 (RSS) 投稿 (RSS)

バックナンバー

スタッフブログの最新記事


リンク集

サイト内検索


Go Top