なぜ人間だけは、絶望するの?

2010/12/06 未分類

憂いは想像力ある証し

 

日本ではおよそ17分に1人の割合で、自らが命を絶つ。

毎日3万人にものぼる自殺の理由は、健康への不安や経済・生活苦、男女問題などまちまちだが、「もう生きていても仕方ない」と明日への望みが絶たれ、それが引き金になるケースは多い。

 

人間だけがナゼ絶望するのだろうか。

 

同じ霊長類であるチンパンジー研究から人間とは何かに迫る、比較認知科学の観点から探ってみよう。

 

愛知県犬山市にある京都大学霊長類研究所。

5月に28歳になったオスのチンパンジー、レオが首から下がまひして動けなくなる脊髄炎を発病したのは20069月、4年前のことだ。

食欲はなくなり、点滴で水分と栄養を補う毎日が続いた。

寝たきりのため、床ずれもひどい。

57キログラムあった体重は35キログラムまで激減。

骨と皮だけの痛々しい姿になるが、首から上は元気なころと何ら変わらず、落ち込む様子はまったくみられなかったという。

 

どうしてなのか?。

 

松沢哲郎霊長類研所長は「チンパンジーは明日のことをくよくよ考えないからだ」と解説する。

今目の前にある世界でのみ生きているチンパンジーは「ねたんだり、うらやんだり、そねんだりしない」。

 

彼我の差に思いを巡らせ、過去を引きずり、将来を憂うのは、人間の想像力のなせるわざという。

 

人間は進化の過程で言葉を手にした。

言葉によって体験が時間と空間を飛び越えていく。

「想像できる時間と空間の範囲が人間とチンパンジーとでは全く違う」(松沢所長)

今置かれた立場がとてもつらいと、自分の将来を見据えた時に絶望に陥りやすい。

 

ただ、希望もまた想像力のたまもので、人間だけが持つ。

希望と絶望はコインの表と裏の関係ともいえるだろう。

 

(新聞コラムから)

 


Tags: 

この記事に関するコメントを行う

お名前  *
メールアドレス  *
ウェブサイト
コメント:  *

カレンダー

2010年12月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
投稿 (RSS) 投稿 (RSS) 投稿 (RSS)

バックナンバー

スタッフブログの最新記事


リンク集

最近のコメント

    サイト内検索


    Go Top