ベンツSクラス(W220)のエアサス点検画像

2007/11/22 <ベンツ> 修理事例


先週の早川さんがエアサス画像を取り忘れみたくカンジやったんで、手持ちのエアサス漏れ
点検中画像、

この蟹の泡が決めて♪ (この場合は安く治りまっ◎)


Comments: コメントは受け付けていません。 Tags:  ,

Sクラス(W220)前期モデル(99-02年)のヘッドライトオーバーホール

2007/05/11 <ベンツ> 修理事例


ちょっと大袈裟なタイトルですが、、、(^^)
W220は結構ヘッドライト内の曇り、汚れが気になりますよね。

お客さまからのご依頼もありましたので、今回分解・清掃を行いました。

車輌 99 AMG S55L (W220前期モデル) フィアンホワイト 

1.ヘッドライトASSY脱着
ヘッドライトはなんとボルト2本、ステー1つで固定されてます。非常にシンプル。
しかし、フロントバンパーを半脱着する必要があり、簡単には外れません。
Fバンパーモールの脱着も必要で、結構気を使います(汗)


↑フロントバンパー右側の中をインナー(タイヤ)側から覗いた画像。
 ココの部品をチョコチョコっと外します。
 

2.レンズ脱着
ヘッドライトASSYが外れますと、後はこっちのモンです。レンズを外すのはそう難しく
ありません。 ただ、クリップ部を割ったりしないよう細心の注意で。


↑レンズ外した所。ウインカー部も当然ですが取外し致します。ポイントは、レンズだけ
キレイにしてもダメ。 ウインカー部のレンズも洗浄と忘れがちな反射板(メッキ部)の清掃。

ココをキレイにしてないと、せっかくここまで外しているのにもったいない!仕上がり半減!
タオル生地のヒゲと、指紋が着かないよう注意する事。 ヘッドライト部のパッキン(\1,030-)
も念のため交換しておきましょう。 しっかりと乾燥させた上で組み付けましょう。

さて比較。

さぁ、どっちでしょう?
画像では分かりにくいのが残念です。実際車輌に取付したら違いがはっきりしますね。

03年後期のクリヤー化(プロジェクター化)されたモデルも分解し調べてみようと思います。


Sクラス(W140)外温度計球、リンカーンメーター球、ダイムラーメーター球交換

2007/04/19 <ベンツ> 修理事例, <輸入車> 修理事例


今回は、カンタン、電球交換シリーズ!

電球は消耗品です。家でも車でも、切れたら交換。

家の電気もトイレや風呂場はカンタンですが、家によっては、階段やリビング
で取り替えが困難な所って有りますよね。

自動車も、ボンネットやトランクを開けるだけで、容易に出来る物から、結構、
大変な所も有ります。

その中でも、結構難儀な所は、メーター周りの電球。

車検や何かのついでに「メーターの電気が切れてるから換えといて」
カンタンに想われがちなんですが、こんな感じです↓

まずはリンカーン・コンチネンタル。メーターの電球を取り外すには、メーターを外す。
メーターを外すには、周りの化粧パネルを外す。

言葉で説明したら、簡単なんですがやってみるとなかなか時間も掛かるし気も使う。

次はダイムラー・ダブルシックス。メーターを外す前に、上側のインダッシュパネル
取り外す。

まわせば外れるんですが、裏からしか本体をしっかり持てませーん!

表面は綺麗な木目ですが、切り目は粗い!作業中、指にトゲが刺さり、10日経っても
トゲが取れずいまだに痛い痛い(泣)

お次はW140・Sクラスの外気温度計。供給部品としては、外気温計本体ごとしか無い!
電球は基盤にハンダで埋まってまんねん。

しかし電球切れごときで、液晶パネルごと交換はもったいないので、ハンダを溶かして
バルブを抜き取り、BMW用メーター球からソケットをもぎ取り、バルブ部分を移植。
(この、1.5W12V電球が明るさ最適♪バルブヘッドの外形もバッチリ!)

完成!

たかが、電球一個でもなかなかやり応えが有りますよ。ボンネットやトランクを開ければ
数秒で出来る物から、内装の分解を必要とする物まで、色々有りますんで、「電球切れ
くらい待ってる間にでけへんの?」と訊かれますが、こんな場合は、カナリゆっくりお待ち下さい…


Comments: コメントは受け付けていません。 Tags:  , , ,

ベンツSクラス(W140)、Eクラス(W201)のエンジンよりカタカタ異音,修理

2007/03/29 <ベンツ> 修理事例


今回はデイリーメッセージに画像が載せられるようになったんで、

画像混じりの小ネタ集!

まずはW140=S500 V8エンジンから。
エンジンにはオイル(油)が入っていまして、
ポンプで吸い上げ、パイプ等を通って各部に分配するのですが、
そのパイプに穴が開いては、オイルが届きません!

機械の間にまたがってるパイプがそれなんですが、
このプラスチックのパイプの底が、たまに抜けちゃいます。

この2000円程のパイプを交換するだけで…
心地よいV8サウンドに元通り♪

交換しないまま放っておくと…お財布に厳しい事に!

お次はW201=190E(少なくなって来ましたが!)
友人にしばらく貸していて、戻ってきたらカタカタ音…
バルブカバーをめくってビックリ!
カムシャフトが無惨にやせ細っています…
(左の端っこが立ってるのが分かるでしょうか?)

ロッカーアーム(バルブを押し下げる腕)も痛々しい姿に、、、

部品を調べると、マダ供給が有るとのことでしたが、
新品部品は驚き価格!!!
中古を探すと「そんな所だけ売ったら、エンジン本体が使い物にならん」と
言われながらも探し続けると、運良く腰下アウトのエンジンから
そこだけ外して売ってくれる店を見つけ、ナンとか安価にて修理完了♪

最後にもう一台。
オイル不足から、ピストンが…

コレを見つけるのにはカナリ苦労しました…
ピストンの値段を聞くと、ピストンピン付きで先程のオイルパイプと大差無し!

シリンダーを覗くと…

傷は有る物の軽傷なため、ペーパーにてすべすべお肌に修正!

中古エンジン積み替えも考えましたが、
どんな経緯で使ってきたか分からないエンジンに10万円も出して
高い(邪魔くさい?)積み替え工賃を貰うなら、
3000円程のピストンと
積み替えより安く付くピストン交換工賃で。

以上、内燃機偏「エンジンカタカタ音」集でした?♪


Comments: コメントは受け付けていません。 Tags:  ,

Sクラス(W220)の足廻りリフレッシュ! ロアアームブッシュ交換

2007/03/15 <ベンツ> 修理事例


W220-BENZ S430 130,000km超足廻り編。

余談ですが、最近中古車でも走行距離の少ない車両を
探すのに一苦労。

同じ考えを持つ業者さん&希望されるユーザー様が多い
ので、当然走行距離の少ない車両は高価に。。。
ウマイ事なってるなぁ市場は (ToT)

距離が走ってるからダメ!っというわけではありませんが
やはり新車に近い走行フィーリングを求めると少ないに
越したことはないです。

故障とは判断されなくてもくたびれた車とそうでないクルマ
違いははっきり出てますよ!

日本での使用状況は大抵シビアコンディション。
ストップ&GOの繰り返しですから。

ウチもエエ中古車求めてもっとがんばらなあきません!

で本題へ。
Sクラス(W220)もブッシュ関係(人間で言う関節の軟骨部)
の作業が多い車両です。

一番要チェック箇所はロアアームのボディ側ブッシュの
状態。最悪のケースの一歩手前、って感じのこの車両。

その最悪のケースとはブッシュがヘタリ過ぎてロアアーム
自身が遊んでしまい(半脱臼みたいな感じ?)取付部を
損傷させてしまいます。
しかも取り付け部はアルミ製。部品代15万超え。。(泣)

この車両はキズのみで曲がり変形等は見られなかったので
とりあえず脱着してアルミ修正を行いました。
(画像参照)

アルミの溶接はかなりの技を必要とする為、いつも
お世話になってる取引先のOサンにご紹介いただき、
素晴らしい技術をお持ちのNTサンの元へ駆け込んで
きました。

新たな「職人」に出会わせて頂き、またまた興奮テンション↑(笑)
いやーいい整備が出来ました。

W220乗りのお客様!上記のような事になる前にぜひぜひ
足廻りの点検を。

ブッシュ交換で済むのにエンジン下のアルミフレーム脱着
まで及んでしまうとたまりません。
再度「点検の重要性」を感じた整備でした。

Fさま、ご入庫ありがとうございました。
S430、気持ちイイ乗り味でご納車したいと思います!

ブッシュ交換!
☆キズの部分もアルミ溶接にて修正済み

取付部に約3mmの深さの円形状のキズが、、、、
これはマズイ!!!!


Comments: コメントは受け付けていません。 Tags:  ,

誠に申し訳ございません。 修理関する業者様からのお問合せ,お電話でのお問合せにはお答え致しかねます。

ご了承のほど、どうぞよろしくお願い致します
.

カレンダー

2017年6月
« 4月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
投稿 (RSS) 投稿 (RSS) 投稿 (RSS)

バックナンバー

スタッフブログの最新記事


リンク集

サイト内検索


Go Top