蝶のように舞い、蜂のように刺す!

2016/06/08 安田 和弘 (毎週水曜日)


元世界ヘヴィー級王者、モハメド・アリが亡くなりましたね。

 

ヘヴィー級とは思えない軽いフットワーク、試合前に相手を挑発する

”ビックマウス”、等々不世出なボクサーとして超有名でした。

 

私は当時小学生。

やはり思い出すのは1976年6月26日の”アントニオ猪木VSアリ”の

異種格闘技戦。

 

今から思えば現役の世界ヘヴィー級王者と東洋の島国の

一プロレス団体の選手がビックマネーを賭けて戦うなど

実は考えられないことのような気がしますが、試合は実現。

 

試合前の記者会見では猪木の顎を見て”ペリカン”と挑発する

アリに”アリは日本では小さい虫のことだ”と猪木も負けずに

やりかえし両者ヒートアップ。

 

我々小学生の男子は毎日この話題で持ちきり。

26日は恐らく私の通った小学校の男子は殆ど全員この

試合を見ていたのでは?と思います。

 

試合は双方で決めたルールのせい(猪木は立った状態からの蹴りは×とか、、)か、3分15ラウンドを猪木は

寝そべったままアリの足を蹴り続け(これがのちに”アリキック”といわれました。)、

特に派手な展開も無く、引き分けで終了。

なんだか消化不良な状態で放送も終了しました。

翌日、学校ではまたこの試合の話で持ちきり。

「八百長や!!」と言うヤツ。

「アリに有利なルールやったから猪木はようやった!」と言うヤツ。

「オレやったらこうやって戦って勝てた!」などと言うヤツ(笑)。

誕生日の翌日なのに、廊下で同級生に走りこんでの”アリキック”を

お見舞いしようとし、ズッコけて足首の骨にヒビが入って病院に

担ぎ込まれたヤツ。

昭和な懐かしい思い出です。

 

6月26日は51歳の誕生日。豊中店の安田でした。(足首、痛かったなぁ。。)

 


Comments: コメントは受け付けていません。 Tags: 

見たかったなぁ。。

2016/06/01 安田 和弘 (毎週水曜日)


先の土日は当社の本社がある帝塚山付近で

「帝塚山音楽祭」が開催されておりました。

今年でなんと30年。

当社もフリーマーケット等で参加。

 

この二日間、付近は特設ステージやお店で様々な

演奏が繰り広げられ、音楽につつまれるらしい(?)です。

”らしい?”というのは私はこのイベントが始まって数年で

豊中店に勤務がかわり、開催日は豊中店で仕事。

なので一度も参加したことがないのです。。

 

今年の目玉(?)は当社スタッフがブログに書いているように

上田正樹さんのステージ。

 

1949年生まれの御年66歳。

1972年デヴュー。1975年に伝説のバンド”サウストゥサウス”結成。

中学生の私もリアルタイムでライブなどは見れませんでしたが、

レンタルレコード屋さんでレコード借りて、カセットに録音(古っ!)

したライヴ盤を良く聞いておりました。

 

円熟のソウルフルなヴォーカル。生で見たかったなぁ。。

と残念な豊中店の安田でした。

 

1975~6年の動画。「あこがれの北新地」

昨年末の忘年会二次会で当社の植田マサキが酔って熱唱していたのはこの曲です。(笑)

https://youtu.be/Tds33jjskIA


Comments: コメントは受け付けていません。 Tags: 

自動運転のその前に。。。

2016/05/18 安田 和弘 (毎週水曜日)


みなさんこんにちは。

 

昨今の自動車には自動ブレーキの車両が徐々に増えてきており、

エアコン、パワーステアリング、パワーウインドウ、ナビゲーションが

当たり前になったように(ABSもですね。。)そのうち自動ブレーキや

その先の自動運転も当たり前の標準装備となるのはそんなに先の

話じゃないような気がします。

 

で、先日”自動駐車”という文字がニュースを見ていた目に飛び込んで来ました。

この5月に発売したてのBMW7シリーズにオプション設定で、

ドアの開けれない狭いスペースに駐車するため、無人で前後移動と

エンジンOFFまでをリモコンキーで操作出来るとのこと。

 

https://youtu.be/WUQFjvawTQc

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今はまだ前後に動かせるだけらしいのですがそのうち、出先でスマホから自宅にある

車に場所を伝え、無人で迎えに来てもらう。。。なんていう時代が来るのかも知れません。

(なんぼなんでもそれは無理か。。。(笑))

 

週に一回の展示車並べ替え。指示を出せば勝手に車が並べ替ってくれれば

なあ。。と思う豊中店の安田でした。

 

 


Comments: コメントは受け付けていません。 Tags: 

美しい、クーペボディー!!

2016/05/11 安田 和弘 (毎週水曜日)


まだ原動機付きの自動車が世に出ていない時代、

本来は二人ずつ対面に座るように作られている幌馬車を

二つに”ぶった切った”二人乗りの小型馬車が存在したらしく、

その馬車は”ぶったぎる”という意味のフランス語で”クーペ”と

呼ばれたそうです。

 

現代では小型に、、というよりは色々とある自動車の重要な要素の一つ、

デザインに特化するために作られている2ドアの車両をクーペと呼ぶように

なりました。

 

新入荷のメルセデスクーペもそんな実用性よりもデザインに

特化した特にサイドラインの美しい車です。

 

国産車にはなぜか似合わない(?)、綺麗なブルーの外装に

上質なブラックレザーの組み合わせ。

 

http://ujita.co.jp/stock_car/

リアシートへの乗り降りは4ドアより少し大変ですが、乗り込んでしまえば

腹の立たないそれなりのスペースのリアシート。

セダンと比べ、なんにも犠牲になっていないトランクスペースなど

クーペボディーとはいえ流石メルセデス。

 

伝統のピラーレスハードトップで開放感も充分。

 

現在、豊中店のショウルームに展示中です。

 

是非一度現物をご覧下さい!

 

豊中店の安田でした。


Comments: コメントは受け付けていません。 Tags: 

GW!

2016/05/04 安田 和弘 (毎週水曜日)


こんにちは。

 

当社はGW中も休まずに営業。スタッフは交代でお休みを頂いており、

私は前半に休暇を貰っておりました。

 

特に何も予定は無く、神戸市北区に知人と若夫婦、生後3ヶ月のお孫さん

に会いに電車で向い、昼食取りながらビールビール!!(なぜ真昼間からのむビールはこんなに旨い

のでしょうね?)

 

その後ハーバーランドに降り、うろうろと買い物。

(↑ハーバーランドの埠頭の一番奥まで行くと、良く潜水艦が停泊しています。この日も、、)

更に徒歩で久しぶりの元町高架下を覘き、三宮で夕食。

またビール!

 

電車での帰宅時に乗換の新大阪で途中下車。

新大阪駅特有(?)のお土産スイーツやら蓬莱のシューマイなどを

買い込み帰宅。

それをツマミにええ加減にせえよ!のまたビール!!

 

夏に向け、おなか周りがまた更にタプタプになってきた

豊中店の安田でした。


Comments: コメントは受け付けていません。 Tags: 

KOBE!

2016/04/20 安田 和弘 (毎週水曜日)


みなさんこんにちは。

先週の14日、NBA(全米プロバスケットリーグ)の超有名選手、
コービーブライアントが37歳で引退しました。
コービー(KOBE)という名前はこちらもプロバスケット選手だった
父親が当時立ち寄った”神戸ビーフレストラン”で神戸ビーフのあまりの
美味しさに感動して付けた名前であることは有名です。

引退試合での得点はなんと60ポイント!!
(シーズン平均30ポイントも取れば一流選手です。野球で言えば3割バッター)
引退しなくても良いのでは?と思える大活躍でキャリアを閉じました。

ロサンゼルス・レイカーズ一筋。引退間際のマイケルジョーダンとの対決の為、
大学に進まずに17歳でプロ入り。

以来5回のNBAチャンピオン、18年連続オールスターゲームに出場。などなど
さまざまな記録を持っています。

「アレン・アイバーソンはスポットライトの下でプレーすることを愛する。
コービーはスポットライトが輝く前に仕事をこなすことを愛する」あるスカウトが
そう言ったほどの練習の虫。

ほぼ毎日、他の誰よりも早く3時間前には練習場入り。
一日のシュート練習本数は1000本(!)

「1%の才能と99%の汗」などという言葉がありますが、正に彼の為に
ある言葉に思えます。

わたしももっと努力しなければ。。。
豊中店の安田でした。

↓彼の公式戦で放った全てのシュートのデータ(!)

 


Comments: コメントは受け付けていません。 Tags: 

生きてりゃあ。。

2016/04/13 安田 和弘 (毎週水曜日)


豊中店のBGMはここ何年か”FM COCOLO”。

私世代(今年51歳です。)の懐かしの音楽がいつも掛かっております。
ここ半月ほどの間に15年前に他界した河島英五さんの”生きてりゃいいさ”という曲が
新バージョンで良くかかります。

この曲を良く聞いたのは確か35年前、中三か高一の頃だったと思います。

丁度思春期のわたしには”喜びも悲しみも、立ち止まりはしない、めぐりめぐっていくのさ”という歌詞が
”生きてりゃいいさ”のリフレインと共に心に染み、救われた気持ちになったのを
覚えています。そうか、こんな自分でも生きてりゃあいいのか。。。と。

彼のギターの横っ腹には”俺が死んだらこのギターを娘に。。”の書き込みが。
(書き込む根性は無かったのですが、以前このブログに書いた
私の所有ギターは娘に譲ることになっているというのもこの話のパクリです。(笑))





















そんなギターを譲り受けたお嬢さんもミュージシャン。
新バージョンは彼女との仮想デュエット。
明日、14日に発売だそうです。
豊中店の安田でした。

 

 


Comments: コメントは受け付けていません。 Tags: 
Page 6 of 79« First...45678...Last »

カレンダー

2021年7月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
投稿 (RSS) 投稿 (RSS) 投稿 (RSS)

バックナンバー

スタッフブログの最新記事


リンク集

サイト内検索


Go Top