「島で免許」

2016/04/26 ちょっとしたお話, 未分類


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『島へ免許を取りに行く』星野博美

先日、朝のラジオ番組でヒロTさんが紹介していた本です。

読んでみました。

面白いですね^^

最初読んでいると、主人公が中年男性?かと思いきや女性でした・・・

人生に何か疲れ果て、目標を失ったアラフォー女性 イメージが男性か女性かわからない感じでした。

それはさておき

この話は、実際に

作家で写真家の星野博美さんが

人間関係の悩み、愛猫の死、人生に行き詰まった著者が決意し

五島列島の自動車学校に免許を取りに行く話

なんじゃそりゃ・・・とは思わずに^^

この自動車学校合宿先の

わずか4週間で様々な人間模様が!

え、免許取るのにこんなにヒューマンドラマになる?と思います。

そこがどこか愉快で、楽しく、せつない そんなお話です^^

文章が読みやすく一気に読めました。

そして読んだ後は何かスッキリした感じがするんです。

こんなに思い出いっぱいの運転免許

愛車で初のドライブは感動ものでしょうネ

 

長崎県五島列島に行きたくなった紺野達哉でした。


 

 


Comments: コメントは受け付けていません。 Tags: 

「備える・・・」

2016/04/19 ちょっとしたお話, 未分類


災害に備える・・・

備えうと言っても難しいですよね、実際問題・・・

せめて防災の備品を備えておくべきとおもいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何が、どれだけ必要なのか、リストアップされていた物です

○非常食 レトルト、インスタント食品、クラッカー、缶詰 日持ちするもの、賞味期限ご注意

○飲料水  1人1日3リットル目安 ○衣類 上から着るもの 毛布

○電灯・ラジオ 懐中電灯、ろうそく、マッチ、携帯ラジオ、予備の電池

○医療品 常備薬、三角巾、包帯、ガーゼ、脱脂、ばんそうこう、はさみ、ピンセット、消毒薬、等など

○洗面道具

○筆記用具 マジック エンピツ ハサミ

○貴重品・現金

これらの物をいざっていう時の為にまとめておく事が必要だそうです。

個々人、備えるものの差もありますから、持病のかたは その薬 赤ちゃんにはオムツや離乳食など・・・実際今自分の置かれている状況で じっくり考える必要がありますよね

以上、きっちり自分も考えたい紺野達哉でした。


Comments: コメントは受け付けていません。 Tags: 

「図書館戦争」

2016/04/12 ちょっとしたお話, 未分類


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「図書館戦争 THE LAST MISSION」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

シリーズ第二弾です!

行政の検閲が許されいる設定、現在の日本ではありえない話ですが・・・

要するに国がこれはイカンとおもった本は処分!

それは許さないと立ち上がる図書隊の特殊部隊タスクフォース

この教官役を岡田准一さん、熱血漢?の女性隊員を榮倉奈々さんが演じます。

図書館に迫る国の良化委員会(本を処分する部隊)と図書隊が

激突!!

ドンパチを図書館を舞台に大銃撃戦!!

そんな、アホなと思うかもしれませんがストーリーはいたってマジめ!

迫力満点のアクション!

ぜひご覧ください

以上、なんやかんやでこの映画が好きな紺野達哉でした。


Comments: コメントは受け付けていません。 Tags: 

ボルボ XC70 エンジンチェックランプ点灯修理

2016/04/07 未分類


Y店長の愛車。ボルボXC70。 エンジン調子いまいち?エンジンチェック警告灯点灯との事。

さっそくテスターチェックから始めます。

 

フムフムフム。。。

そういやエンジンからエアーを吸ってる「シュー」っていう音が聞こえるな、、、

 

エンジンの負圧を利用していろんなモノが動いているのですが、

その負圧を取り込むための ホースが!!!

えらい事なってます。 当然交換。

手持ちの在庫ホースで合いそうなものをチョイチョイと。応急処置。

 

ボルボに限らず、どの車種でも割と多い故障事例です。

 

例えるなら、店(エンジン)の入り口で店員(センサー)が人数(空気)をちゃんと

数えてるのにもかかわらず、 途中の通り道(上記ホース等)から割り込んで

入ってくる奴(空気)がいっぱいおる!

厨房のシェフ?(燃焼室)は必要な食材(ガソリン)が合わずにテンパっている!

出口レジ(O2センサー)では金額(排ガス)が合わん!

店長(コンピューター)こりゃおかしいぞ!SOS!(エンジンチェックランプ)

、、、かなり強引な説明ですが、、、

※わかりやすく仕組みの説明してるだけで、、実際にはちょっと違います。

 

入口の店員の故障もあれば、出口のレジが故障する時もある。

まれに店長が壊れる時もある。。。

皆様のお店は大丈夫でしょうかー?笑

 

豊中店 早川でした。


Comments: 0件 Tags: 

「天空の蜂」

2016/04/05 ちょっとしたお話, 未分類


 

「天空の蜂」は、1995年11月7日に講談社から出版された

東野圭吾の書き下ろし長編クライシスサスペンス小説。

その実写、映像化

ずばり20年以上まえの作品ですが、それを感じさせない

今のリアルな話に感じました

主人公は湯原 一彰(江口洋介)、自衛隊の最新鋭ヘリの開発者

三島 幸一(本木雅弘)は同僚役で原発の設計者

 

物語は最新鋭ヘリがテロにより強奪され、

犯人グループの技術で自動運転にて暴走したヘリは、大量の爆薬物を満載したまま

高速原子炉の上空へ移動 原子炉の真上でホバリングを開始・・・

8時間後には燃料切れで、ヘリは原子炉に真っ逆さま・・・

そして不運にもヘリの中には湯原の息子が・・・

犯人の要求は日本全国にある全ての原子力発電所の停止!!

 

さて、さてさて!!いかに!!

いろいろ書くとネタバレになるので書きませんが、久々に邦画のクライシスサスペンスです。

現在レンタルDVDが出ていますので(新作として)

ぜひ見ていただきたいと思う作品です。

 

以上最近DVDをよく見る紺野達哉でした。

 


Comments: コメントは受け付けていません。 Tags: 

FITスピーカー交換&追加整備

2016/03/31 未分類


友人の仕事用HONDA-FITご入庫いただきました。

大好きなレゲエをイイ音で聴きたい!!とのこと。え?仕事用やろ??、、、笑

 

フロントにはカロッツェリア2WAYセパレート型スピーカー!TS-F1730S(定価15,000税別)

そのままポン付けでも良かったですが、、折角なんでインナーバッフルも取付!カロッツエリアUD-K524(定価4,000税別)

ネット情報ですが、標準FITは元々フロント2個しか付いていないらしく、外したフロントスピーカーがそのまんまリヤに取付け可能らしい!!

やってみたら、、、、とてもイージー!!出来ました!おかげで4chになりました。

 

フロントツイーターもドア加工して取付。これの方がスッキリしていい感じ。高いスピーカーではないけど純正から比較したら十分すぎる音質!

 

さー完成!!ってことでクルマを洗車の為動かしてみたら、、、リヤブレーキからなんかいやな音。

電話して聞いてみると「朝一はギシギシうるさいけど温もったら直る!」との事。。イヤイヤ!!スピーカーより大事よそれわ。。。

長年グリスアップされていないのか??シューの動きがかなり悪い!とりあえずシュー外して綺麗に清掃&グリスアップ。

とりあえず異音も消えてほっと一息。やっぱりトータルチェックが必要ですね。一回も診たことない車両は。優先順位を間違ってしまうんで。

 

「これで仕事もバリバリがんばれますわー!!!」ってエエ音させて帰って行きました。。

それはエエけど、、他の音も気にしてくれよー(笑)

豊中店・早川でした。

 


Comments: 0件 Tags: 

「くのいち」

2016/03/29 ちょっとしたお話, 未分類


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イランで忍者ブーム!?

特に女性に!

つまり「くのいち」なわけです^^

今現在イランには24000人の忍びがいて、うち3500人がくのいちだそうです。

え?忍び 隠密なのに めちゃくちゃ人数多いし、、人数分かってるんですね・・・

始まりは、イラン忍術学校

1989年にファラジ氏が開いた道場で、これがイラン初の体術学校のようです。

画像を見ると、いろいろとツッコミどころがありますが・・・

25年以上の歴史があります。

親日派の多いイランの方々

真剣に鍛錬しておられます^^

何より日本の文化・歴史を尊重してくれていることは嬉しいですよね

それと「くのいち」姿が似合っています、とってもミステリアス!!

護身術としてもそうですが、単に武道・武術として学んでいるわけでなく

忍びの精神から「尊厳」と「謙虚さ」を彼女たちは一番大切にしているそうです。

すばらしい!!

の一言ですね^^

ぜひ今後も精進していただきたいと思います。

P.S

イランといえば、、、

独特のボールタッチ、ドリブルの上手な サッカー元イラン代表

テヘランの魔術師アリ・カリミ選手を思い出す

紺野達哉でした。

 


Comments: コメントは受け付けていません。 Tags: 
Page 4 of 98« First...23456...Last »

カレンダー

2021年6月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
投稿 (RSS) 投稿 (RSS) 投稿 (RSS)

バックナンバー

スタッフブログの最新記事


リンク集

サイト内検索


Go Top