植田のプチ贅沢な休日

2004/05/16 植田 茂夫 (毎週土曜日)


皆さん、おはようございます。
最近晴れたら暑いし、雨が降ったと思ったら土砂降りだし、すごしにくい日が続いていますね。

私は毎水曜日が休みなのですが、先週は振替で15日(金)が休みでした。
特に予定もなかったので好きなことをしていました。


【植田のプチ贅沢な休日】

AM07:30 起床 最近この時間に勝手に目が覚めます。
以前は、昼頃まで寝ていたのですが、年とともに少しづつ早くなってきました。

AM08:00 TVを見ながらゴロゴロ・・・子供が学校に行った後の、この時間が妙に好きです。

AM11:00 昼食を食べに大阪堺は宿院の南 銀シャリの『げこ亭』へ
TVにも良く出ている、”飯炊き一筋の大将”がいる、私の大好きな食堂ですが
最近、水・木が定休日になったので、久しぶりに行くことができました。
相変わらず昼前だと言うのに50席ほどが既に満杯。
(PM03:00頃、食材と共に閉店です)
白飯もおかずも汁物も本当に美味しく、何より安い。最高です!近くにあってよかった。
但し、毎年6月から8月末までは水がまずくなり、
美味しい白飯が炊けないとのことで長期休みに入ります。本当に頑固です。


AM12:00 食後のデザートは堺名物『かん袋』で”くるみ餅”これまた安くて美味しいです!
堺は千利休ゆかりの地だけに和菓子には事欠きません。

PM00:40 無料招待券を使ってTOHOシネマで、今「泣ける」と話題になり171万部を突破した
小説の映画化、『世界の中心で、愛をさけぶ』を見てきました。
が、残念ながら泣けませんでした。
40台も半ばになると、「プロジェクトX」の方がずっと感動します。

PM04:00 小学校5年の息子と将棋。2連勝で内心大喜び(先週、2連敗・・なさけない・・)

PM07:00 TVの前にくぎづけ
やりました!バレーボール日本女子が宿敵「韓国」にストレート勝ちで五輪へ!!
ここ数年パッとしなかった女子バレー、韓国にも連敗していたのに
今大会は圧倒的な強さを見せてくれましたよね。
最近、暗いNEWSが多かったので、あの選手たちの笑顔を見てスカッとしました。

この全日本の柳本監督は、日本一の名セッター故猫田
(”ミュンヘンへの道”若い方は知らない人も多いと思いますが)
の控えのセッターだったらしいです。
監督になり実業団を優勝させ、全日本を復活させ、「名将、名選手にあらず」です。
それにしても昔の女子バレーの悲壮感と比べ、今の全日本はみんな楽しそうに
バレーをしていますよね。見ている方も明るくなります。
そう言えば、最近のトップアスリートはみんなそうですね。
好きで楽しめないと、苦しさだけでは頂点に立てないと言うことでしょうか。

PM10:30 夕食後、家族で銭湯へ
自宅の風呂が10年目にして修繕が必要となり、ここ一週間銭湯通い。
2日や3日なら銭湯が大好きな家族なので問題はないのですが、一週間となると話は変わります。
仕事から帰ってゆっくり出来ないわ、夕食は慌てるわ、
第一毎日5人分¥2000×7日間でいらん出費になるわで、困っています。
皆さん、風呂の修繕は料金プラス銭湯代と飲み物代がかかると肝に銘じましょう。

AM01:00 知らぬ間に就寝

なんともいえない植田のプチ贅沢な◎の休日報告でした。

平和な一日やったな~


=====================       
現在、展示車がおかげさまで不足しております。
良質車、良価格で頂きますのでお声がけください。
=====================


Comments: コメントは受け付けていません。 Tags: 

季節外れもいいですよね!

2004/05/09 植田 茂夫 (毎週土曜日)


みなさん、おはようございます。連休はいかがお過ごしでしたか。

私はこのゴールデンウイーク、久しぶりに琵琶湖に行ってきました。
湖西北部の高島というところに一泊でしたが、友達3家族と計13人の大所帯。
ゆっくりと、楽しい時間を過ごすことが出来ました。
20年以上前から一緒に来ている仲間達ですから
独身~結婚~出産~子育て~仕事、懐かしい話と共に
将来の夢で盛り上がりました。

話は変わりますが、自分の中では琵琶湖と言うと、夏!
20代~30代にかけてお盆休みになると
毎年のように3泊~4泊と泳ぎにきていましたが、
今回の春の琵琶湖もなかなかでした。

まだ泳ぐには早いので、何もせずにただボ~としていただけなのですが、
マリンスポーツをしにきている人がいないというだけで
水が本当に綺麗で、昼間も静かで落ち着いた景色の
琵琶湖を見ることができました。

そう言えば10年程前、真冬に来たときもそうでした。
身体は芯から冷えて寒かったのですが、早朝、あたり一面真っ白の雪景色で
湖面には朝もやの中、水鳥が集まりその水鳥に餌を撒く地元の人が水辺に立ち
まるで水墨画のような静寂の世界でした。夏には見えない世界なのです。
真冬の琵琶湖は、絶対お薦めです。(本当に寒いですが)

そう言えば冬の日本海も静かな中に、灰色の空と海の激しさがありますよね。
四季のある日本って本当にいいです。季節はずれが、またいいんです。

雪のない北海道、泳げない沖縄、きっと皆が知らない
良いところがたくさんあるんでしょうね。

ご存知の方、教えて下さい。

連休も終わり、仕事モード/ON 植田茂夫でした。


Comments: コメントは受け付けていません。 Tags: 

ミホミュージアム

2004/05/02 植田 茂夫 (毎週土曜日)


おはようございます。

ゴールデンウイーク真っ只中、皆さんお楽しみの事と思います。
今日も良い天気になりそうですね。

得に予定の決まっていない方、穴場情報をひとつ。信楽に行ってみませんか。
つい先日、信楽の「ミホミュージアム」という桃源郷にいってきました。

展示物も見たかったのですが、ここを設計した
中国系アメリカ人の建築家、イェオ ミン ペイさんの建物に興味がありました。

以前有名になった、仏 ナポレオン広場の中心に
ルーブル美術館のガラスのピラミッドを建てた、おじいちゃんです。
このピラミッドで名前を知っていたので、
建築には何の関係もない私ですが遊びがてら見に行きました。

ペイさんは、その他に
ロックの殿堂 Rock and Roll Hall、
香港の中国銀行ビル 三角形がならんだようなビル、 
JFK国際空港の管制塔、
等々・・・変な建物を設計しています。

そのペイさんが三重の山中にミュージアムを造った。
皆さん、「百聞は一見にしかず」実際に行って見て頂きたいのですが、
見事に自然との調和が・・・
山の上に建っているのではなく、建物を山の中に埋めているような
山に隠れているような、それは不思議な建物でした。

吉永小百合さんが、ガラス張りの部屋から
山を見ているCMがありますが、まさにあんな感じです。

ペイさんいわく「日本の昔の建築家は、土地と建物そして景観を調和させる、
そういったフィーリングをもっていました。もちろん、わたしは真似はしたくありません。
しかし、日本人の心、文化、伝統を尊重したいと強く思いました。
自然の中に同化した建物の姿が、非常に意識的にデザインした結果だと
いうことがわかってもらえると信じている」と言う事らしいです。 

GW時間のある方、ついでに信楽高原鉄道に乗ったり、たぬきを見たり、いかがでしょうか。

ミホミュージアムHP
http://www.miho.or.jp/japanese/index.htm

植田茂夫でした


Comments: コメントは受け付けていません。 Tags: 

平田進也さんの講演を聞いて

2004/04/25 植田 茂夫 (毎週土曜日)


皆さんおはようございます。

GWを目前に、色々と計画を立てている事と思います。
旅行にいかれる方は旅行代理店に行き、ご相談をされているのではないでしょうか。

3月14日のデイリーメッセージにも書きましたが、そんな大手旅行代理店のひとつ
日本旅行に籍を置き大阪で有名なカリスマ添乗員、
平田進也さんの講演をこの20日の火曜日に聞くことができました。

題目は、「ほんまの顧客満足実践法について」
話っぷりはさすがに上手く、笑いあり感動ありの1時間半、内容の濃い話を聞くことが出来ました。

その派手なパフォーマンスで大阪の「おばちゃん」を魅了し、満足させリピーターにしてしまう、
平田さんの魅力とは?仕事に対する取り組み方とは?

一見感性とあのパフォーマンスを武器に仕事をしている方だと思っていましたが
実際に話を聞くと感性と共に実は経験からくるきっちりと計算された裏付けがあり
冷静にしっかりと利益を上げていることがわかりました。
お客様も提携先も代理店も喜ぶ!さすがにプロフェッショナルです!


1広い市場の中で、「おばちゃん」という層にターゲットを絞り込む
家の財布の管理をしており、おとうちゃんもいっしょに付いてくる

2多少料金が高くても、良い物を目いっぱい振る舞う
感覚と経験豊富な相手に「参った」と言わせるくらいの満足感を与える

3お客様と本気で付き合う
熱意をもって最後まで面倒を見る


我々は商品もターゲットも違いますが、同じ考え方で仕事に取り組んでいる事が
今のこの時期、間違いではなかったということを再確認できました。
職種によって違うとは思いますが、皆さんも参考になるのではないでしょうか。

”より良い物を、正しい顧客に適正価格で販売し、しっかりと面倒をみる”

この考え方が末永くお付き合いをさせていただく最良の方法だと改めて感じました。

近い時期に一度平田さんのツアーに参加し、一日中笑って過ごしてみようと思います。


[営業マンの勘違い]
正しい顧客は、商品を購入後「ありがとう。又、頼む」と言う。
これを聞いてリピーターになったと思っているのは営業マンだけだという事です。
購入後も最高の満足感が無ければリピーターにはならないのだそうです。 

[◎の話]
今日、自分が満足できる一日を過ごせたときは、手帳・カレンダー・日記帳なんでもよいので
◎を付けるのだそうです。最初の一年目は50日、60日しかなくてもOK。
書き続ける事で年々増えていくようになれば、そのうち充実した一年が送れるのだそうです。
皆さんも試してみませんか。

======================================
今回の平田さんの講演の様子と交流会の様子がTVオンエアされる予定です
■「スマイルミーティング100」オンエア予定
日 程:4月28日(水)
時 間:18:18~18:54
(番組内の1コーナーです)
チャンネル:朝日放送6チャンネル
番 組:「NEWSゆう」
======================================

ご覧ください。 植田茂夫でした


Comments: コメントは受け付けていません。 Tags: 

ヒューマンコミュニケーション

2004/04/18 植田 茂夫 (毎週土曜日)


Good Morning! 日曜日の朝、いかがお過ごしですか。

先日、社内のヒューマンコミュニケーションが不足しているという話が出ました。
前後して日本の離婚率がアメリカ並みに増えてきたという発表を新聞で見ました。

少し前まで、離婚事態が社会的に許されない雰囲気が日本ではあったと思うのですが、
これだけ核家族化が進むと、その歯止めにはならないのかもしれないと言うのです。

そんな離婚に関する話の中、
離婚するかどうかを見分けることは簡単なのだそうです。
その見分け方は「夫婦で互いのことをほめているかどうか???」

相手のことをほめることが、会話の中で多い夫婦は、離婚率が低く、
逆に、結婚生活をしていて、会話がないのはもっての他なのですが、
会話をしていても、相手をほめない夫婦は「かなりの確率」で離婚をするというのです。

相手のことをほめるためには、相手のことを知らなければならないし、相手の話を聞かなければならない。
言われてみればもっともなことで、コミュニケーションのない夫婦が結婚生活を続けていけるはずがない。

この考え方は夫婦簡だけではなく、普段の人間関係にもあてはまると思います。
相手に関心があるかどうか?
好意をもって接しているかどうか?

確かにメールも便利でこれからの社会生活には必要不可欠だと思いますが、
便利なツールが出来た今だからこそ相手と面と向かう
人×人のヒューマンコミュニケーションがより効果を発揮するのでしょう。

無関心こそ、人間関係を悪化させる最大の欠点だということです。

今日、奥様(ご主人)をほめてみましょう。
今日、会った方に好意を持って接してみましょう。



と、書いてきたところで、今週何かのご縁で

BMW 318Tiをお買い上げいただきました、K様
Benz A190をお買い上げいただきました、T様
Jaguar XJをお買い上げいただきました、T様

本当にありがとうございました。
末永くよろしくお願いいたします。      

植田茂夫でした


Comments: 0件 Tags: 

『マイバッハ』ってどんな車?

2004/04/11 植田 茂夫 (毎週土曜日)


皆さんおはようございます。
今日は、本業の車について書きます。

私の職場は大阪市住吉区ですが
最近あの『マイバッハ』がこの近辺を走っています。

世界で最大にして、最高額の4ドアサルーン。
ボンネットにはスリーポインテッドスターでも
フライングレディでもなく、ダブルMのマークが付いています。

その車は、黒に近い深~いワインカラーのメタリックで、(内装は確認できず)
走る姿を実際に目の当たりで見ると今までのフルサイズ輸入車よりも
ふたまわりは大きく、本当に巨大な滑らかなカタマリがスーと動くんです。
なんとも形容しがたい存在感というか威圧感を感じるのです。

発表前後に雑誌で読んではいましたが
実車を見ると興味が湧いてきたので調べてみました。

初代マイバッハ(1900年代初頭生産)の製作者、ヴィルヘルム・マイバッハは
あのメルセデスベンツの創始者ゴットリープ・ダイムラーの友人で
初期のダイムラー社に在籍中は、多くの技術的な指導を行った人物であったようで
ダイムラー社退職後はその豊富な機械技術をもって、いろいろな交通機関や
軍事機関(得に戦車用エンジン等)にもかかわったそうです。

中でも有名なのは巨大飛行船ツェッペリン号に搭載したV12気筒エンジンで
後にこのエンジンをフルオーダーの車体に組み合わせた超高級自動車『マイバッハ』は
当時の大衆車の30倍の金額で販売していたそうです。
(今回の『マイバッハ』もやはり同じ様な倍率の金額になっていますよね!)

そこで昨年発表された新型『マイバッハ』はというと、
V12気筒 5500cc エンジンにより、 550馬力・最大トルク91.8kgmという
途方もないパワーを持ち、
ボディサイズにいたっては、
全長6.2mの『マイバッハ62』と、全長5.7mの『マイバッハ57』
共に全幅1.98m・全高1.57mで、重量は2800kg前後だそうです。

因みにあの大きい Benz S600ロングが、全長5.17m・全幅1.86m・全高1.45m・重量2100kg
ですから、やはりふたまわりは大きいという事になるのでしょうか。

内装はというと、この巨人的サイズでも後席定員はたったの2名で、
ジェット機のファーストクラス以上に贅沢なリクライニングシートが備わる後席のその背もたれは
ほとんどフラットまで傾き、同時にフットレストもスルスル伸びて脚を支えてくれるそうです。
又、正面のちょうどよい位置にある前席背面には、大型TV/DVDスクリーンが組み込まれ、
走行中も映像を愉しむことができるというのです。
(世のVIPは自宅でゆっくりとくつろぐ時間などないのでしょうね~)

又、センターコンソールには、600W大出力のBose製サウンドシステムと
CDオートチェンジャーが入っておりスピーカーは実に21個!!

そして、その車両代はというと
『マイバッハ62』が、なんと4600万円
『マイバッハ57』でも、4000万円 ・・・ 
Benz S600ロングの1600万円を何か勘違いしてしまいそうな、
立派な一戸建て住宅が買えるような金額ですよね!!

景気が悪いと言われて久しい日本ですが
この超高額車の納車を待っているVIPが
現在、数十名いると聞き、又、又、驚き!

遇い前後して、ベントレーもフェラーリもアストンもNew Modelを発表。
当分の間、超高額輸入車の話題には事欠かないようです。

「でも、保険代高いやろな~」
「諸費用と消費税だけでBenzの新車が買えるんとちゃうか~」
一度見積りでも作ってみよ~っと。

植田茂夫 でした。

===============================
こちらはお手頃価格で新入庫しました!!

2000年 BMW735I 紺メタリック フル装備 2万km
2001年 Benz A190 シルバー 6600km

是非、見に来てください!!
===============================


Comments: コメントは受け付けていません。 Tags: 

『お客様は12才』??

2004/04/04 植田 茂夫 (毎週土曜日)


皆さんおはようございます。

今日は春休み最後の日曜日というのに
大阪は朝から本降りの雨で小さなお子様のいる
ご家庭は予定を変更された方も多いのではないでしょうか?

日曜日お仕事をされている方にとってもこの雨は、
一喜一憂でしょうね。
どのような達人でも変えることのできない天候ですが、
人の流れは大きく変わります。
我々も柔軟に即変更し対応したいと思います。

話は変わりますが、先日お客様より面白い話を頂戴しました。

『お客様は12才』??
広告の認知の話ですが、その昔「大衆は12才である」
というコメントをした人がいるらしいのですが、
これは決して知能レベルが低いという事ではなく、
普段の生活の中で大衆が商品や広告に関し興味をもって
接するレベルは12才小学6年生ぐらいの注意力しかない
という事を意味しています。

つまりいくら自社の製品に自信があっても小さい文字で
専門用語を並べたポスターやコマーシャルでは大衆の注意を
引くことはできないというのです。
小学6年生の子供達が見たり聞いたりしても充分に
理解できるぐらいのレベルの広告でようやく沢山の人に
そのメッセージが伝わるのだそうです。

雑誌や駅のポスターを普段100%認知できています?
と言われ、「確かに小学5年生になる息子と私の
TVコマーシャルや雑誌広告の認知度は同レベルだよな」
と気付きました。

多くの大衆にきちんと伝わるようなキャッチコピーや
ビジュアルを使ってメッセージを伝える。
これこそが『お客様は12才』です。
今一度、要チェックです!

以前より欲しかった、キースヘリング「dancers」
のZippoが手に入り喜んでいる 植田茂夫でした。


Comments: コメントは受け付けていません。 Tags: 
Page 114 of 115« First...111112113114115

カレンダー

2021年6月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
投稿 (RSS) 投稿 (RSS) 投稿 (RSS)

バックナンバー

スタッフブログの最新記事


リンク集

サイト内検索


Go Top