帝塚山街づくり交流会


1983年ごろに若い経営者や住民が集まり、自然発生的に生れた。

集まりには肩書や思想は全く関係なく、自由な発想で「街づくりへの想い」を語り合うことを続けている。この様な雰囲気のなかで生れたアイデアが、そのつど有志の手により実行委員会が組織され次々に実行に 移されていった。

「帝塚山まつり」「帝塚山音楽祭」「帝塚山カップ」などがその代表的な例である。

現在でも会には規則や組織はないが、集まりに参加した人はのべ500人を超えている。


Go Top