2009/08/22

シューマッハー復帰断念、マッサの代役はバドエル


自動車のF1世界選手権欧州グランプリ(GP)(バレンシア、8月23日決勝)
で現役復帰を予定していたミヒャエル・シューマッハー(フェラーリ、独)は
11日、首痛のため復帰を断念した。自身の公式サイトで明らかにした。

 シューマッハーは2月、オートバイのテスト走行で転倒した際に首を負傷。
公式サイトで「医学、治療であらゆる手を打ったが、首の痛みが解決しな
かった」とコメントした。

 最多7度の総合優勝を果たしたシューマッハーは2006年に引退し、
現在はフェラーリのアドバイザーを務める。

7月に重傷を負ったフェリペ・マッサ(ブラジル)の代役として3年ぶりに
現役復帰することを決め、テストを重ねていた。

フェラーリ、欧州GPはバドエル起用

 フェラーリは欧州GPに、テストドライバーのルカ・バドエル(イタリア)を
起用することを発表した。

                                                                                                     (読売新聞)

コメントは受け付けていません。

心のこもったディリーメッセージ

サイト内検索


Go Top