2012/09/20

アルファ、ジュリエッタのバリエーションを拡大




フィアット クライスラー ジャパンは30日、アルファロメオ・ジュリエッタの各グレードに新色を追加するとともに、最上位グレードのクアドリフォリオ ヴェルデに左ハンドル仕様を新たに追加設定し、発売した。

 ジュリエッタに新たに加わったボディカラーは、ブラックとアルファシルバーの2色。またクアドリフォリオ ヴェルデには、レッドのレザーシートも追加された。

 クアドリフォリオ ヴェルデに新たに設定される左ハンドル仕様は、同社が今年2月のジュリエッタ導入時に限定車として販売した左ハンドル仕様(クアドリフォリオ ヴェルデ アルフィスティ)が好評だったことから、今回新たに標準追加が決まったもの。これにより同グレードに限り、左ハンドルと右ハンドルの両方が選べるようになった。

 ジュリエッタは発売から6カ月の累計販売台数が2265台を超えており、平均すると月400台近いペースで売れている。同社は今回のバリエーション拡大により、さらなる拡販を狙う構えだ。

 ジュリエッタの価格は、以下のとおり。

・ジュリエッタ スプリント:318万円

・ジュリエッタ コンペティツィオーネ:358万円

・ジュリエッタ クアドリフォリオ ヴェルデ:388万円

(朝日新聞)

http://alfaromeogiulietta.jp/


コメントは受け付けていません。

心のこもったディリーメッセージ

サイト内検索


Go Top