2012/09/23

アウディ 4車種の新型Sモデル








アウディ・ジャパンは8月27日、4車種の新型Sモデル「S6」「S6アバント」「S7スポーツバック」「S8」を発表、販売を開始した。

 アウディは「レースは技術の実験室である」として、モータースポーツに力を入れ、そこで用いた技術を市販車に応用してきた。今回発表されたSモデルには、「ルマン24時間耐久レース」で11度目の優勝を果たすのに貢献した先進的なエンジン「クワトロ・フルタイム4WDシステム」が搭載されている。

 発売された全モデルに採用されているV8ツインターボエンジンは、巡航運転時など一定の条件下で8気筒のうち4気筒を休止させるシリンダーオンデマンドシステムを取り入れ、エンジンの効率を上げている。

 「S6」と「S6アバント」は、最高出力420ps、最大トルク550Nmを発揮する4.0TFSI V8エンジンを搭載、トランスミッションには7速Sトロニックが組み合わされている。

「S7スポーツバック」は、S6と同じ最高出力420psの4.0TFSI V8エンジンと7速Sトロニックの組み合わせに加え、Sスポーツシートや20インチの専用アルミホイールなどスポーツ性能を高める装備が採用されている。また、室内の騒音に対し、スピーカーから逆位相の音を流すことで不快な音を低減する「アクティブノイズキャンセレーション」が標準装備されている。

 「S8」はコンフォートスポーツシート、アクティブノイズキャンセレーション、専用チューニングされたアダプティブエアサスペンション、21インチの専用アルミホイールを標準装備。新開発の4.0TFSI V8エンジンは、最高出力520ps、最大トルク650Nmを発生、8速ティプトロニックとの組み合わせにより、スポーティーな性能と高い効率を両立させている。

 アウディ・ジャパンの大喜多寛社長は、今回発売された4車種について「新しいことに挑戦する人に買っていただきたい」と語った。

 価格は「S6」が1180万、「S6アバント」が1210万、「S7スポーツバック」が1224万、「S8」が1580万円(いずれも消費税込み)。

(読売新聞)

http://www.audi.co.jp/jp/brand/ja.html


コメントは受け付けていません。


Go Top