2012/07/21

MBJ、SUV「GLK」に新型モデルを投入













メルセデス・ベンツ日本(MBJ、ニコラス・スピークス社長、東京都港区)はコンパクトSUV「GLK」の新型モデル「GLK350 4MATIC ブルーエフィシェンシー」を発売した。3・5リットルV6直噴エンジンを新たに搭載し走行性能と環境性能を向上。内外装デザインも変更し上質感を高めた。価格は599万円(税込み)。
 外観はSUVらしい力強いデザインが特徴。大型のフロントグリルやクローム調のアンダーガード、弧を描くように配置したLEDポジショニングライト内蔵のヘッドライトを採用することで、先進的でスポーティーなフロントマスクに仕上げた。
 内装はフロアシフトをステアリングコラム右側の電子セレクターレバーとパドルシフトでギアを操作する仕様に変更。操作性を高めるとともに上質感のあるインテリア素材を採用することで洗練された室内空間を演出した。
 また新型モデルではアイドリングストップ機能を採用し燃費性能を約3割向上。運転手の疲労や眠気を検知して注意を促す機能など安全装備も標準装備した。


(日刊自動車新聞)


http://www.mercedes-benz.co.jp/special/4matic/model/GLK-Class/index.html

 


コメントは受け付けていません。


Go Top