ヒューマンコミュニケーション

2004/04/18 植田 茂夫 (毎週土曜日)


Good Morning! 日曜日の朝、いかがお過ごしですか。

先日、社内のヒューマンコミュニケーションが不足しているという話が出ました。
前後して日本の離婚率がアメリカ並みに増えてきたという発表を新聞で見ました。

少し前まで、離婚事態が社会的に許されない雰囲気が日本ではあったと思うのですが、
これだけ核家族化が進むと、その歯止めにはならないのかもしれないと言うのです。

そんな離婚に関する話の中、
離婚するかどうかを見分けることは簡単なのだそうです。
その見分け方は「夫婦で互いのことをほめているかどうか???」

相手のことをほめることが、会話の中で多い夫婦は、離婚率が低く、
逆に、結婚生活をしていて、会話がないのはもっての他なのですが、
会話をしていても、相手をほめない夫婦は「かなりの確率」で離婚をするというのです。

相手のことをほめるためには、相手のことを知らなければならないし、相手の話を聞かなければならない。
言われてみればもっともなことで、コミュニケーションのない夫婦が結婚生活を続けていけるはずがない。

この考え方は夫婦簡だけではなく、普段の人間関係にもあてはまると思います。
相手に関心があるかどうか?
好意をもって接しているかどうか?

確かにメールも便利でこれからの社会生活には必要不可欠だと思いますが、
便利なツールが出来た今だからこそ相手と面と向かう
人×人のヒューマンコミュニケーションがより効果を発揮するのでしょう。

無関心こそ、人間関係を悪化させる最大の欠点だということです。

今日、奥様(ご主人)をほめてみましょう。
今日、会った方に好意を持って接してみましょう。



と、書いてきたところで、今週何かのご縁で

BMW 318Tiをお買い上げいただきました、K様
Benz A190をお買い上げいただきました、T様
Jaguar XJをお買い上げいただきました、T様

本当にありがとうございました。
末永くよろしくお願いいたします。      

植田茂夫でした


Comments: 0件 Tags: 

「新人は先輩を選べない」

2004/04/17 氏田 耕吉 (毎週金曜日)


春、新社会人の季節です。
わが社でもメカニック見習が二人います。

先日、工場の朝礼で先輩格の村上さんがスピーチしてました。

仕事につく時、先輩に習う事も何でも鵜呑みにせず、他の人からも聞いたり、自分で考えて仕事に取り組むように、と言う趣旨でした。

思い出すと私も新人メカニックの時には三人の先輩にかわいがって頂いて、色々な事や方法の教えを受けました。
実はそれが一人一人違っていて聞いたようにやってると他の人が見て、又あらためて教えてくれる、そんな繰り返しもありました。

そんな中で自分なりに考えて、教えて頂いた事の中から良い所どりで自分の形にしていった事を思い出しました。

「新人は先輩を選べない」
どんな先輩にめぐり合うかで新社会人のスタートは決まります。
先輩達も心して新春を迎えましょう。

そう、「子供は親を選べない」こんな言葉も思い出した、三人の子の親でもある、氏田耕吉でした。


Comments: コメントは受け付けていません。 Tags: 

一安心♪

2004/04/16 加藤 宣晶 (毎週日曜日)


こんにちは!
工場の加藤です。

「3邦人バグダッドで解放」!
とりあえず良かったです。

【人質を取る】と言った行為、
【自衛隊撤収要請の拒否】。
何か互いのやっていることに
憤りと、この先の不安を感じ、
毎晩ニュースを見ながら
いったい、いつ・どうなるんだろうと
思っていましたが、とりあえずは一安心?

仕事をしていて、一つのことが解決出来たような
心の不安が消えた(すっきりした?)気分になれました。

自動車修理の仕事も最近の車は
なかなか難しく、原因追及から
完治するまでに時間が掛かる事が
多くなってきました。

しかし、時間が掛かったり、
苦労するほど、「達成感」なる物が
大きいですね。

では今日も、達成感を味わうために
難しい事にチャレンジしましょう!


Comments: コメントは受け付けていません。 Tags: 

がんばってな!

2004/04/15 早川 慶太 (木曜日)


こんにちは。豊中店・早川です。
昨日の氏田さんの話と全く逆なんですが、私の友人が東京に転勤になるそうです。

彼とは高校からの付き合いで、同じように大阪で生活する数少ない(笑)友人の一人です。

昔からいい意味で「楽天家」なので、その事で悩みなどないんだろうと想像してたのですが・・・
イヤイヤ、みっちり2時間喋ってました(笑)
実家の親の事、仕事の内容、etc・・・以前なら平気で「仕事やめよ」とか「めんどくさい」とか言いそうな彼が、真剣に考えて決断しようとしてることが頼もしく思え、また自分に置き換えて考えさせても貰え、改めて友人の有り難さを感じることが出来ました。

とりあえず、直近で盛大な送迎会をしてあげようと思ってます。

話の最後、電話切り際に
友人K「いやぁー実は彼女も新潟に転勤でいってんねん。ちょっとは近なるしなー」
私「んん!?ちょっと待て!結論でてた?」
K「ま、まぁな(笑)」
私「頼むわ。。ほんま。。。」

おもろい奴です。

さぁ、今日も新しい気持ちで頑張ります。

早川 慶太


Comments: コメントは受け付けていません。 Tags: 

祝!大阪復帰!

2004/04/14 氏田 裕吉 (毎週月曜日)


心のこもったメッセージをお伝えします。

工場の氏田裕吉です。 昨日は、鹿児島から大阪で転勤で帰ってきた「宇野君」の歓迎会に参加しました。

宇野君は、私の中学校時代からの友人から鹿児島に転勤するときに、紹介された友達でした。最初の出会いは鹿児島の一番の繁華街「天文館」で「氏田 裕吉」と書いた大きなプラカードを持って、私との待ち合わせ場所にいてくれたのをよく覚えています。いきなり会った初日から意気投合し、その後仕事やプライベートを通じてとても仲良くなりました。

鹿児島にいるときは、よく二人で酒を飲みながら「俺達転勤組みは、鹿児島で仕事をして、友達を作って生活するしかないよな。 大阪で実家で生活していて、仕事がつらいことがあっても、昔からの友人がいて、親がいて逃げ場があるやつらには負けられへんし、絶対にそういうやつらより成長するよな」と話していたのを覚えています。

そんな二人も大阪に帰ってきて、一緒にしゃべっているのが、おかしな感じがした昨晩でした。

ところで、昨晩に行ったお店は大阪駅前第3ビルの地下1階にあるちょっとあやしいお店でした。居酒屋「1969」ぜひ一度行ってみてください。

元気があれば何でもできる。 今日もがんばっていきましょう。

氏田 裕吉


Comments: 0件 Tags: 

ウーズナムルート

2004/04/12 安田 和弘 (毎週水曜日)


こん○○わ。豊中店の安田です。


昨朝、朝早くにTVをつけると、ゴルフの世界4大メジャートーナメント(世界一を決める大会)の一つ マスターズゴルフトーナメントの中継をやっていました。


残念ながら日本から参加の丸山、伊沢、両選手は予選落ちで2日間の競技を終えたとの事でした。


以前、良くゴルフをやっていた時には大会期間中の4日間は朝5時頃から眠い目をこすりながら毎日出勤直前まで食い入る様に画面を見ながら、マスターズ=達人 たちの凄いプレーに感動したものでした。(その後、ゴルフはいくらやってもウマくならず、遠ざかっておりますが、、、、、。)


今朝はちょうど誰かが、18番(最終ホール)の2打目でグリーンを狙ってる場面でした。

フェアウエーを遠く外れたバンカーの外れから。。。


思い出しました。確か10年位前に イギリスの イアン・ウーズナムが優勝したときの最終日 最終18番ホールを。


ウーズナムは当時ヨーロッパツアーで好調のウエールズ(イギリス)の選手で、身長162cmしかなく、「小さな巨人」と呼ばれている選手でした。夕暮れの18番最終の優勝を決めるパーパット後のガッツポーズが今でも思い出されます。


毎年マスターズが行われるアメリカ ジョージア州 オーガスタゴルフクラブ(死ぬまでに一度でもプレーすることがかなりのゴルファーの夢ですね。)は、左ドックレッグ(コースが左方向にカーブしている。)ホールが多く、持ち球がドロー(普通にショットすると左にボールが曲がる)の選手が有利とされており、ウーズナムも持ち球がドローの選手でした。


しかし、一番プレッシャーのかかる最終18番ホールは右ドックレッグ(コースが右方向にカーブ)で、勿論プロですから自在に左右に球を曲げれるとはいえ、プレッシャーの中で得意な球と逆の球筋を打つのが難しく、良くどんでん返しが起こるホールでした。


最終日ウーズナムの放ったティーショットは右にカーブしているコースにも関わらず、左方向、しかも、左方向に打ってしまった場合に罰を与えるように作ってあるバンカー(ショットし難い砂場)のまだ遥か左方向 観客が一杯いる中でした。


誰もが(勿論私も)ミスショットだと思い、その後の行方を固唾をのんで見守りましたが、彼は平然と観客を退けて、2打目をグリーンへ、そして2つのパットを決めて優勝をさらいました。


後で解ったことですが、彼はプレッシャーの掛かる18番で、持ち球ではない(得意じゃない)フェードボール(ドローの逆、右に曲がるボール)を打たず、自分のスタイルを崩さない為に誰も思いつかないコース外の観客の居るようなところにわざと打ち込んだそうです。しかも、観客が踏みしめてるから芝生が平らで打ちやすいのも計算に入れて。


それ以来、18番のこの責め方を「ウーズナムルート」と呼ぶようになりました。


自分のスタイルを崩さず、それを信じて実行する為、非常に柔らかい頭で今までとは違うやり方にチャレンジする。


仕事に、人生に、生かせたら素晴らしいことだと思いました。



安田 和弘



PS.ゴルフをされない方にも解っていただける様に書いたつもりなのですが、文章力が無い為、解りにくかったと思います。申し訳有りません。


Comments: コメントは受け付けていません。 Tags: 

『マイバッハ』ってどんな車?

2004/04/11 植田 茂夫 (毎週土曜日)


皆さんおはようございます。
今日は、本業の車について書きます。

私の職場は大阪市住吉区ですが
最近あの『マイバッハ』がこの近辺を走っています。

世界で最大にして、最高額の4ドアサルーン。
ボンネットにはスリーポインテッドスターでも
フライングレディでもなく、ダブルMのマークが付いています。

その車は、黒に近い深~いワインカラーのメタリックで、(内装は確認できず)
走る姿を実際に目の当たりで見ると今までのフルサイズ輸入車よりも
ふたまわりは大きく、本当に巨大な滑らかなカタマリがスーと動くんです。
なんとも形容しがたい存在感というか威圧感を感じるのです。

発表前後に雑誌で読んではいましたが
実車を見ると興味が湧いてきたので調べてみました。

初代マイバッハ(1900年代初頭生産)の製作者、ヴィルヘルム・マイバッハは
あのメルセデスベンツの創始者ゴットリープ・ダイムラーの友人で
初期のダイムラー社に在籍中は、多くの技術的な指導を行った人物であったようで
ダイムラー社退職後はその豊富な機械技術をもって、いろいろな交通機関や
軍事機関(得に戦車用エンジン等)にもかかわったそうです。

中でも有名なのは巨大飛行船ツェッペリン号に搭載したV12気筒エンジンで
後にこのエンジンをフルオーダーの車体に組み合わせた超高級自動車『マイバッハ』は
当時の大衆車の30倍の金額で販売していたそうです。
(今回の『マイバッハ』もやはり同じ様な倍率の金額になっていますよね!)

そこで昨年発表された新型『マイバッハ』はというと、
V12気筒 5500cc エンジンにより、 550馬力・最大トルク91.8kgmという
途方もないパワーを持ち、
ボディサイズにいたっては、
全長6.2mの『マイバッハ62』と、全長5.7mの『マイバッハ57』
共に全幅1.98m・全高1.57mで、重量は2800kg前後だそうです。

因みにあの大きい Benz S600ロングが、全長5.17m・全幅1.86m・全高1.45m・重量2100kg
ですから、やはりふたまわりは大きいという事になるのでしょうか。

内装はというと、この巨人的サイズでも後席定員はたったの2名で、
ジェット機のファーストクラス以上に贅沢なリクライニングシートが備わる後席のその背もたれは
ほとんどフラットまで傾き、同時にフットレストもスルスル伸びて脚を支えてくれるそうです。
又、正面のちょうどよい位置にある前席背面には、大型TV/DVDスクリーンが組み込まれ、
走行中も映像を愉しむことができるというのです。
(世のVIPは自宅でゆっくりとくつろぐ時間などないのでしょうね~)

又、センターコンソールには、600W大出力のBose製サウンドシステムと
CDオートチェンジャーが入っておりスピーカーは実に21個!!

そして、その車両代はというと
『マイバッハ62』が、なんと4600万円
『マイバッハ57』でも、4000万円 ・・・ 
Benz S600ロングの1600万円を何か勘違いしてしまいそうな、
立派な一戸建て住宅が買えるような金額ですよね!!

景気が悪いと言われて久しい日本ですが
この超高額車の納車を待っているVIPが
現在、数十名いると聞き、又、又、驚き!

遇い前後して、ベントレーもフェラーリもアストンもNew Modelを発表。
当分の間、超高額輸入車の話題には事欠かないようです。

「でも、保険代高いやろな~」
「諸費用と消費税だけでBenzの新車が買えるんとちゃうか~」
一度見積りでも作ってみよ~っと。

植田茂夫 でした。

===============================
こちらはお手頃価格で新入庫しました!!

2000年 BMW735I 紺メタリック フル装備 2万km
2001年 Benz A190 シルバー 6600km

是非、見に来てください!!
===============================


Comments: コメントは受け付けていません。 Tags: 
Page 591 of 596« First...589590591592593...Last »

カレンダー

2017年7月
« 6月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
投稿 (RSS) 投稿 (RSS) 投稿 (RSS)

バックナンバー

スタッフブログの最新記事


リンク集

サイト内検索


Go Top