『桜』の季節です

2004/03/28 植田 茂夫 (毎週土曜日)


日増しに暖かくなり、気持ちの良い季節になってきましたね。

大阪市住吉区、私どもの本社工場近くにある”万代池”は、
桜の名所というほど大きくはありませんが、
池の廻りに桜が咲きほこるこの時期、地域の方の憩いの場となっており、
私もこの時期の通勤は、毎日周遊をして楽しんでいます。
今日も前を通りましたが、もう四分~五分咲といったところでしょうか。
今週末まで、お花見でいっぱいになると思います。

『桜』の一瞬の色が大好きで、この時期になると毎年桜を見に、
あちらこちらとドライブに出かけます。
僅か数日の前後する悔しさも、又楽しいものです。

ここ最近に出かけたところです。

岐阜 薄墨桜 樹齢1500年 
和歌山 根来寺 
奈良 吉野山 日本一のスケール
本郷の又兵衛桜 樹齢 300年 
談山神社
京都 醍醐寺 「醍醐の花見」百花繚乱
原谷苑 個人の所有地開放 
円山公園 「祇園の夜桜」
岡山 鶴山公園 
醍醐桜 樹齢 1000年 
滋賀 琵琶湖疏水 上品なロケーション
彦根城 
海津大崎 ここは例年開花が遅いのでいまだ見れず

中でも数年前に行った 岐阜県本巣郡根尾村の老桜、
有名なのでご存知の方も多いと思いますが、
故・宇野千代が、枯死することを憂いたのがきっかけで、
幾度も延命手術を受け、一冊の本にもなった
『薄墨の桜』は、見事なものでした。

目の前で樹齢1500余年を見るだけで、恐ろしいくらいの歴史を感じます。
1500年前って何時代でしたっけ??? まだ五世紀ですよね!
人が無事50歳で代を替えても30代続くわけで、気の遠くなる時間です。

山肌に静かにたたずみ、枝が折れないように、枯死しないように、
そっと幾本もの添え木で支えられる
その姿を見ていると痛々しくも感じるのですが、
毎年満開になると、この老桜に携わった方々は
「今年も無事に咲いてくれてありがとう」と感謝しているのだとおもいます。

今春岐阜県に行かれる方、時間がありましたら是非立ち寄ってみてください。
今年も老体に鞭打って薄墨色に染め上げます。
4月5日頃からたった1週間足らずです。

植田茂夫でした。

根尾村『薄墨の桜』ホームページ: http://www.neomura.jp/


Tags: 

コメントは受け付けていません。

カレンダー

2004年3月
    4月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
投稿 (RSS) 投稿 (RSS) 投稿 (RSS)

バックナンバー

スタッフブログの最新記事


リンク集

サイト内検索


Go Top