伝書鳩に魅せられた少年時代の思い出

2017/04/22 氏田 耕吉 (毎週金曜日)


 

昔、私は伝書鳩を飼育してました。

 

 

先日夜のテレビを見ててついつい思い出し。

 

中学生の時に親父と一緒に立てた鳩小屋は2畳1坪の大きさ、

さらに高校卒業後には友達で大工の息子・佐々木君と一緒に

一カ月掛かって二階建の鳩小屋を建て最大60数羽!を飼育してました。

 

青森県からの伝書鳩600kmレースでの 翌日帰りで準優勝が最高位!

 

 

ちなみにこの伝書鳩の毛並みの良さ!わかります、、、

 

その頃の愛読書は「愛鳩の友」、授業中に読んでてよく叱られましたね、、、

住之江区粉浜に在った日本伝書鳩協会・善鳩会に所属。

レース期間中は毎日のように自転車で通ってました、、、

 

中学高校時代はあらゆる小遣いが餌代に変わっていましたね〜

 

ちなみにレース鳩クイズ、、、?

 

 

さてさて、

この答えはわかりますか、、、?

 

 

伝書鳩って、その辺にいる鳩と顔や体形が違うでしょう!

 

 

このスタイル!

この目つきで鳩の帰巣能力を推し測ります、、、、、

 

なぜ伝書鳩が遠くから自分の鳩舎に戻ってくるのか?

頭の良いのとスピードの速いのとを見分けるのが神秘!興味深くて、、

 

悩み多い少年時代そんな事を日々考えながら過ごしていました。

フェースブックに挙げたら、親友の肥田順くん(現・びすとろ ぽたじぇ オーナーシェフ)から

中学1年生の頃の写真が送られてきました、、、、、、

 

これを見ながら、懐かしさに酔いしれる氏田耕吉でした、、、

 


Comments: コメントは受け付けていません。 Tags: 

佛隆寺(宇陀市)

2017/04/22 植田 茂夫 (毎週土曜日)


 

みなさん、おはようございます。

 

我が家では、時間がある時に新鮮な野菜や果物を仕入れる際は

以前にも書きましたが、

JAならが取り組んでいる

ファーマーズマーケット「まほろばキッチン」

http://www.ja-naraken.or.jp/mahoroba/

に行きます。

 

 

先日の休みに買い物の後インフォメーションによると

奈良はどこも「散り始め」や「葉桜」の中、

「佛隆寺満開」との記載があり、

車で30分ということもあり宇陀市まで見に行ってきました。

 

 

 

 

送迎バスを降りて村中を10分ほど歩くと見えてきました。

 

 

 

 

 

 

 

先週の薄墨桜が1500年

この佛隆寺が1000年

どちらも見事に咲いていました。

 

 

4月17日に報道ステーションのテレビ中継があったらしく

下から送迎バスが出るほどの人と

おかげで午後7時からはライトアップもあり、

普段は静まり返っている夜になると街灯もない真っ暗な村が賑わっていました。

 

 

来年も、頑張れ!!

 

 

それでは又来週、植田茂夫でした。

 

 


Comments: コメントは受け付けていません。 Tags: 

カレンダー

2017年4月
« 3月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
投稿 (RSS) 投稿 (RSS) 投稿 (RSS)

バックナンバー

スタッフブログの最新記事


リンク集

サイト内検索


Go Top