遷宮イヤー

2013/06/08 植田 茂夫 (毎週土曜日)



みなさん、おはようございます。


今年は三重の「伊勢神宮」と島根の「出雲大社」で遷宮が行われるということで、

テレビや雑誌、旅行会社等でも早くから取り上げられ、

伊勢、出雲ともに盛り上がっているようです。

 


では遷宮とは何か、、、


御神体や御神座を本来あったところから移し、

社殿を修造し再び御神体にお還りいただくこと。


なのですが、

もうひとつ重要なことは、

 

一、祭事を伝承していくため

二、木造建築の建物を維持していくため

三、社殿の建築など様々な技術を継承していくため

四、神社を清浄に保つため


といわれ、次代に伝えるために20年や60年周期で

定期的に行なわれるようになったそうです。

100年に一度では伝えれないですからね。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20年ごとに式年遷宮を繰り返す決まりのある伊勢神宮とちがい、

高さ48mもあったとされる高大な社殿がたびたび倒壊し

「倒れた社殿を建て直す」という意味で始まった出雲大社の遷宮は、

おおよそ60年周期で行なわれているそうですが、

この二つが同じ年に重なるのは稀だそうで、

そういう意味でも今年は「遷宮イヤー」だそうです。

 

自分自身、このような事に興味を持つのも年のせいでしょうか、、、

前回の20年前は30歳代、次回は70歳代と考えると、“今でしょ”


今年中に伊勢神宮も行ってきたいと思います。

 

 


出雲といえば、やはり「出雲そば」

 

 

お土産は、関西人には竹輪にしか見えない名物「アゴ野焼き」かまぼこ

 

 


それでは又来週、植田茂夫でした。

 

 

 


Comments: コメントは受け付けていません。 Tags: 

カレンダー

2013年6月
« 5月   7月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
投稿 (RSS) 投稿 (RSS) 投稿 (RSS)

バックナンバー

スタッフブログの最新記事


リンク集

サイト内検索


Go Top