しあわせは、、

2004/09/04 氏田 耕吉 (毎週金曜日)


私は新聞のコラム、いわゆる囲み記事を読むのが好きです。
短い文章にその人の言いたい事が凝縮されているからです。

以前、本当にずっと前ですが、作家の宇野千代さんのコラムが
目に止まったことが有ります。

要旨は
「毎朝同じ場所で同じ物を食べている。
しかしその日によってすごくおいしい、と感じる日と、
おいしくない日がある。
もちろん、気候や食材に原因があるのかも知れない。
しかし、おおむね原因は自分に有る。
不摂生な体調管理であったり、
自分のその時の心の持ちように有る。」
というものでした。

なるほど、全く同感と思った次第です。

私は社会人になって以来、「仕事が大好き」でいつも
「しあわせ者」と思っています。
またそれを公言してはばかりません。

起きている大部分の時間を「仕事」で過ごす我々にとって、
「その仕事が好き」、で
「好きな事をして時間をすごせる」、のは
「しあわせ者」でしょう。

でもこれって、「本当?」と思ってしまうほど、
辛い時も大変多いです。

だけど、あえて「仕事が好き」、「仕事を好きになってしまう」と、
好きな事ですごす時間が増えて、
「しあわせ者」になっていける。
(こわいですが、逆もまた、真なり。)

こんな事にやっと気づいた次第です。

「しあわせは いつも 自分のこころが きめる 」 (相田みつを)
が大好きな氏田耕吉の告白でした。


Comments: コメントは受け付けていません。 Tags: 

仕事の秋!

2004/09/03 加藤 宣晶 (毎週日曜日)


こんにちは。
工場の加藤です。

九月に入り、○○の秋!
昨日の大阪は雨降りでしたが、
過ごしやすい気温でした。

仕事は、やりやすかったのですが、
帰宅後のビールのうまさが今一…
風呂で体を洗ったときの爽快感も今一…

昨日一日、汗が目に入ることもなく、
エンジンをかけた車の下にもぐっていても、
暑さを気にせず点検が出来、スムーズに仕事が出来たのに、
一日の締めくくりがスキッと行きませんでした。

しかし今日は、又暑くなりそう!
一杯汗をかいて、仕事後の爽快感を


Comments: コメントは受け付けていません。 Tags: 

「円」と「縁」

2004/09/02 早川 慶太 (木曜日)


こんにちは。豊中店・早川です。

今日のネタ?は最近お付き合いさせていただいているお客様から頂きました。

「円」と「縁」
「エン」という字を見てどっちを想像するか?
「円」を想像する人と「縁」を想像する人。

「円」だけを追求しても「縁」は生まれませんし、「円」も獲得できないでしょう。

「縁」を大切にする人は「円」が生まれる。
金銭の「円」。目に見えない「円」。

もう一つ教わりました。
大人になればなるほど目に見えないものが大切になってくる。
「友情」「愛情」「信用」「信頼」「誠意」etc・・・
目に見えない「円」とはこの事なんだ!と解釈しました。

お客様から教わる事が多くあります。
「縁」と「目に見えないもの」獲得できるように日々頑張ります。

早川でした。


Comments: コメントは受け付けていません。 Tags: 

YMCA ~その1~

2004/09/01 氏田 裕吉 (毎週月曜日)


心のこもった熱いメッセージをお伝えします。

先日、何年かぶりに学生時代に活動していたYMCAの友人達と泊ま
りがけで遊びに行きました。

大阪や東京から、岐阜県にあるコテージに20人以上の人が集ま
りました。

そんな中で、後輩から「ゆうきちさん、心のこもったメッセージ
毎週見てますよ。最近は、ちょっと熱いメッセージが少ないん
じゃないですか?」と言われてしまいました。

そういえば、私のメッセージを見てくれている人数が減っている
のも、読んでくれている方々に伝わるものが少なくなってきてい
るからかもしれません。

心してメッセージを書かないと。。。

さて、以前より私のメッセージに出てきている「YMCA」というと
ころですが、私が大学時代に、最も力を入れて活動していたとこ
ろです。

大学生が中心となって、青少年育成のボランティア活動をYMCAで
行っていました。

また来週以降、詳しくお話ししますが、YMCAのおかげで私自身が
すごく成長することができました。

約50~60人ぐらいの学生ボランティアがいたのですが、3年
生のときにはその中で、「会長」という代表になったこともあり
ましたし、4年生のときには大阪で行われた「全国のリーダー研
修会」では実行委員長もさせてもらいました。

そんなときに色々と悩んだことや、勉強になったことはノートに
書き記し、今でも大事に持っています。

また、そういう組織の中で学んだことが、役に立ったのはまずは
就職活動の場でした。

就職活動をしている中で、学歴や頭の良さでは上の人はいっぱい
いましたが、それ以外のところでは、自分がしてきたことは負け
ていないなと感じましたし、自信もありました。

その結果が、希望していた2つの会社からの内定通知でした。

この続きの話しは来週以降のお楽しみに!

元気があれば何でもできる。 今日もがんばっていきましょう。

氏田 裕吉


Comments: コメントは受け付けていません。 Tags: 

たかだか、、、、、

2004/08/30 加藤 宣晶 (毎週日曜日)


工場の加藤さん、本当に海で目を開けて泳いでもなんとも無いのですか?(8/27)
その時点で目がオカシイのでは?(笑)男らしくて羨ましいです。因みに私は最近、プールでもゴーグル無いと開けれません。

昨日の植田部長のメッセージ読んで、私がまだ小さい頃から母親が良く言っていたのを思い出していました。

「和弘。中国はえらい事になるで。」(注:大阪弁で“凄く発達して経済的にも凄い国になるよ。“という意味だったかと思います。)

私の母親は普通の主婦なので、どうしてその様に感じていたのか判りませんが、本を読むのが好きな人なので、何かを読んでそう思ったのかも知れません。
今度会ったら聞こうと思います。

さて、中国ネタを一つ。以前上海に行かせて頂いた時には気が付かなかったのですが、
ものの本によると、中国では女性でもトイレのとき、扉は閉めない(もしくは扉が無い)そうです。

手洗いが使用中かどうかを確かめるときはノックによるものではなく、人が居るかどうかを覗いて確かめるそうです。たかだか人間の排泄行為なのだというフン切りがついている。
排泄の音さえ気にして、無駄な水を流して音を消す日本人の方がオカシイ(?)とその本には書いてありましたが、、、、。ホントなんでしょうか?

豊中店 改装工事も終わり、新しい綺麗なショウルームで皆さんのお越しをお待ちしております。是非一度遊びに来てください。

リニューアルに伴って、職場が禁煙になり、タバコの量が減って少し喜んでいる豊中店の安田でした。


Comments: コメントは受け付けていません。 Tags: 

最近の中国

2004/08/29 植田 茂夫 (毎週土曜日)


皆さんおはようございます。
又、大型の台風が来ているようです。
ご注意ください。


ところで最近、ニュースを始め私の廻りでは、やたらと中国の話題が出てきます。
皆さんの廻りも同様ではないでしょうか。

WTOに加盟し、次の2008年には「北京オリンピック」が開催されます。
そんな巨大中国が、今まさに加速度を増して発展しているようですね。
中国人の商魂、強かさ、バイタリティが開花しつつあります。

高校の修学旅行で中国が増えているそうです。
時速450kmのリニアモターの電車に乗るのだそうです。

私の友達も今年シンセンに転勤になり、現地の写真を送ってくれますが、
建物は近代的で、外資系大手デパートやスーパーを始め、高級ホテルに
テニス倶楽部、エステティックサロン等、何不自由なく暮らせると言っていました。

先日は中国から野菜を入れている方、中古重機を送っている方、の話を聞きました。
又、インディーズの若手ミュージシャンをデビューさせている方や、
本日も農作物の肥料を入れている方の話を聞きました。


皆さん仕事の内容こそ違いますが、異口同音に、主要都市では

「ものすごい経済成長で、バブルの真っ只中!」
ー日本の鉄鋼関係各社が大忙しー

「需要が多すぎ、供給が間に合わない!」
ー船便に空きがないー

「発展が早すぎて、公共インフラが追いつかない!」
ー電気・水道が使用量増で不安定ー

「製造する国から、販売する国になった」
ー日本に卸すより、国内の方が高値ー  等々、

話を聞く方、聞く方、声を揃えて元気に説明されます。

人口13億、日本の10倍の人がいるとはいえ、
昨年、超高級車ベントレーの年間販売台数が日本の2倍の140台も販売され、
メルセデスベンツもアジアの販売拠点を中国に移す予定だとか、
携帯電話の契約台数に至っては日本の3倍の2億台に達したとか、、、

宇宙産業ではソ連、アメリカに次いで3番目の有人宇宙船、打ち上げに成功。無事帰還。
(日本は有人衛星を打ち上げる計画もないようです。。。)

又、富かな農村部では、家、家具、電化製品などを無料で提供され、
医療や教育も村の負担で、給料は安いが生活は安定している。
(日本は住宅ローン、医療費負担の増。。。) 

その他、色々。


このような最近の中国の話を聞いていると、無性に見に行きたくなりました。

「中国がくしゃみをすると日本が転ける」なんていう日がくるかも。。。

植田茂夫 でした。


Comments: コメントは受け付けていません。 Tags: 

まつり と 子育て

2004/08/28 氏田 耕吉 (毎週金曜日)


先週の土日の第17回帝塚山まつりの時のことです。
あるお母さんが初日の夜、小学生らしき兄弟を、二人連れて
私の前に来られました。

「怒って下さい。勝手な事をしています。」

興奮気味でしたので、最初はよくわかりませんでした。
よく聞いてみると、二人は手に持っていた「カード」らしき物を
祭のフリーマーケットで闇に紛れて販売していて、
それをお母さんが見つけたようでした。

「帝塚山まつりの出店のルールに違反したこと」を注意して欲しいとの事です。

私は子供に、まず、未成年だから保護者を通じて事前に申し込みをする事。
1ブース、2日間で1000円の出店料を払う事。
(24時間への寄付金に充当してもらってます。)
決められた場所に出店する事。
等々を話しました。

そして、「おっちゃんも昔、自分の子供が小学生の時に
ミルクせんべいを売るのを許可したことが有ったよ。
ルールに従ってやれたら良い事だと思うけど。」
と付け加えて親子を見送りました。

あの親子はこの時のことをずっと覚えているんでしょう。
そしてきっと大丈夫、りっぱに成長されると思います。

毎年の事ながら、地下の子供ゲームのコーナーでも色々あります。
射的で玉が落ちてるのを拾って渡してくれる子供がいるかと思えば、
落ちてるのを拾って、子供に打たせてる親御さんも居ます。

輪投げで線を踏まないように教える親も居れば、
もっと前から投げさせる親もいます。

子供が中心の帝塚山まつりでは何かにつけて、
何とも言えない荒んだ気持ちになってみたり、
ホットしたり、うれしくなったりの連続です。

私の亡くなった母親が小さい時よく言ってました。
「誰も知らないと思っていても、神さんは全部知ってるよ。
嘘ついてごま化しても、みんなわかってる。
そのかわり、誰も知らない所で一生懸命、正しい事をやってる事も、、、」と、

仏教徒の我が家で、仏さんやご先祖さんでなく、
何故神さんだったのかは、わかりませんが、、、

いずれにせよ、きっと私の事が気になって仕方の無い、
亡き父、母は今も私の事を見てくれてるんだろうな?
と、思う今日この頃の、氏田耕吉 が本日の担当でした。

精進します。


Comments: コメントは受け付けていません。 Tags: 
Page 616 of 638« First...614615616617618...Last »

カレンダー

2019年1月
« 12月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
投稿 (RSS) 投稿 (RSS) 投稿 (RSS)

バックナンバー

スタッフブログの最新記事


リンク集

サイト内検索


Go Top