本日の豊中サービス工場、BMW525i、BMW740i、プジョー306他

2012/03/30 本日の豊中サービス工場


 

■□ ディーラーよりお安く、ディーラー以上の確かな品質 □■


こんばんは、豊中店サービスチームです。

この他にも多数ご入庫頂いております。 ありがとうございます。

ご入庫の際は、最適なアドバイスをご提案出来るよう心がけております。
何かございましたら、お気軽にお問い合わせください。

スタッフ一同、心をこめて作業を行ってまいります。

 

(BMW525i / レーダー取付、フロントブレーキパッド交換、フロントディスクローター交換)




(プジョー306 / エンジンオイル交換)



(BMW740i / 納車前点検、ボディーガラスコーティング、キドニーグリル交換他) 


BMW5シリーズ(E28),イグニッションコイルからオイル漏れ?

2008/03/27 <BMW> 修理事例


今回は、良くある修理のオイル漏れにて。

簡単に分かるはずの、「ボタ漏れ」@下を覗くと、数秒に一回「ポタッ」。

コレならすぐに分かるであろうと、ボンネットオープン!?  ?  ?

エンジンルームの各所がオイルだらけ!!!しかも基本的に漏れの探求には、「上」「前」から広がっていくのですが、一番上の一番前はイグニッションコイル!?

なわけ無いヤロ… でも漏れてるw

すぐに判ると思った物の、あちこちからオイルが出るまま原因がその場で判らず、お預かりに(-_-;)

リフトアップしてみていると、エンジンオイルの目薬ガッ!顔にも身体にも頭にも!下からは見ていられないんで、やはり上からチェック@

と見ているとエンジンハーネスのつなぎ目と言うつなぎ目からポタポタ…ッッッッッッッ!!!

となれば原因はオイルプレッシャースイッチ!

って言うのは、エンジン内部を潤滑しているオイルの圧力を測る物もので、オイルが無くなってきたりしたら圧力の低下をドライバーへインジケーターランプによってお知らせするセンサーです。

このスイッチの内部のギボシ端子からオイル漏れ。

スイッチには水、埃の進入を防ぐためにラバーブーツが被っていて、密閉されています。
本来、水分等の進入による錆=>接触不良を防ぐ為ですが、中から漏れたオイルもそこから外に出れず!外に漏れ出せ無いため、配線のカバーの中を通り、エンジンハーネスカバーのトンネル内をひたすら突き進む!

で、つなぎ目となるところから、ポタポタ…そのハーネスに一体となっている、点火系の方にも突き進み、イグニッションコイルにまで、瀧登り====<=<Iそこで配線の先からオイルが解放@@

オイルプレッシャースイッチを取り替えれば、修理完了@ とはイカず…ひたすらオイルの洗浄!
エンジンハーネスカバーのトンネルの中!各、電装部品とそのカバー内!なんとフレームの中にもたっぷりとオイルが!洗っても洗っても時間が経つと、黒い涙が(T_T)

水分進入防止の為の完全密閉ですが、中からの漏れが出ると、なかなか厄介でした@


Comments: 0件 Tags: 

誠に申し訳ございません。 修理関する業者様からのお問合せ,お電話でのお問合せにはお答え致しかねます。

ご了承のほど、どうぞよろしくお願い致します
.

カレンダー

2017年8月
« 7月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
投稿 (RSS) 投稿 (RSS) 投稿 (RSS)

バックナンバー

スタッフブログの最新記事


リンク集

サイト内検索


Go Top