良き宿敵と共に!の巻き~その2~

2013/03/07 尾崎 由典 (木曜日)


皆さん!4月になると自賠責の値段が上がりますよ~

 

乗り換えをご検討されている方は、お急ぎ下さい!迷っている時間はないですよ~!

 

詳しい事が気になる方は、弊社にお問い合わせください。

 

っという事で、前回の続きで御座います。

 

今回から見た方は前回のブログを読んでから今回を見る事をお勧めします。

前回ブログ「良き宿敵と共に!その1」

 

さて、前回の続き。戦後のメルセデスはどうだったんでしょうか?

 

戦後、敗戦したドイツとイタリアだけでなく、ヨーロッパ全体の経済はズタズタ。

 

やはり、ここでも世の流れは小型車志向でした。

 

この対策としてメルセデスは戦前に設計したtype170の生産またを開始します。

 

そしてtype170のモデルチェンジで登場したW120が50年代のメルセデスを支えていく車種の一つとなります。

 

62年には190(W110)が登場します。それには1.9L4気筒エンジン搭載。小型の流れに藁をも掴む様に

 

時代にすがりつきます。あのメルセデスがですよ。←にわかには信じがたいですが・・・

 

ただそこはやはりメルセデス。いやさすがメルセデス!

 

設計に拘り過ぎて、どうしても車体が大きくなる。メルセデスのDNAはメルセデスでしかあらず。

 

彼らは68年にまた200(W110)を投入します。←今のEクラスぐらいの大きさ

 

そして76年にはさらに大きなW123を投入。

 

ですがこの2車種は当時のコンパクトクラスという風に呼ばれていました。どこからどう見てもEセグメントですけれど。笑

 

彼らは小型車を作らなかったのではなく、作った結果がこうなった訳ですね。

 

「やべっ!またデカくなっちまった!」

 

なんて呑気な事を言っている暇はもちろんありません。

 

戦後、メキメキと力をつけてきたエンジンヲタクのあの奴らが追撃を開始。

 

そう、BMWの3シリーズが頭角を現し始めました。

 

これは、マズイ!と作れなかった小型車にメルセデスはかなり本気どころか超本気になって作り始めました。

 

誰もが作れる訳がない。だってメルセデスですから・・・と思ったことでしょう。

 

しかし、ここで登場するのが、あのメルセデス史上の傑作190E(W201)です。

 

BMWはマニアックな先進的な技術を普通の車にふんだんに詰め込んだ普通じゃない普通の車を作ることで成功を収めました。

 

相場より高いが中身はそれ相応。まさしく羊の皮を被ったオオカミな車。

 

その手があったかと、メルセデスは血眼で開発に取り組みます。もうこうなれば誰にも手が付けれません。

 

高速域で優れた空力性能に、世紀の発明マルチリンクサスまで、全力疾走で駆け抜けていきます。

 

そしてようやく小型車のエリアで成功を収めます。

 

 

良きライバル達と駆け抜けてきた小型車への道は今やメルセデスの支えになっています。

 

「走りの俊敏」とメルセデスらしからぬ、看板をひっさげまた新たなる進路を見つけ出しかけている現行Cクラス(W204)。

 

そこにはまた3シリーズなどの良きライバル達との熾烈な戦いが繰り広げられているのでしょう。

 

この話を聞いて、メルセデスの血が脈々と流れているCクラスを好きになっていただけたら幸いです。

 

 

以上、新人尾崎でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


Comments: 0件 Tags: 

ナビゲーションの決定が押せません

2013/03/07 上原 勝一 (木曜日)


住吉店、上原です。

ナビゲーションのタッチパネル決定が押せないの修理してとご依頼

しかし、部品の供給が無くなり、修理不可の返答が・・・

色々探すと、タッチパネルだけの販売があり、型番も適合

購入して取付

 

バラバラにします。

バラバラにします

初めてのタッチパネルの交換でドキドキ、わくわくの作業

楽しみながら交換、完了!

取付して決定を押すと反応してくれ

お客様も部品供給なしで半分諦めでしたが

安価に直り喜んで頂けました。

住吉店、上原でした。

 


Comments: 0件 Tags: 

カレンダー

2013年3月
« 2月   4月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
投稿 (RSS) 投稿 (RSS) 投稿 (RSS)

バックナンバー

スタッフブログの最新記事


リンク集

サイト内検索


Go Top