足で食事!!

2004/06/21 安田 和弘 (毎週水曜日)


デイリーメッセージを毎週書き始めて久しいのですが、長く一緒に仕事している皆さんの知らない一面やエピソードなど、私にとっても面白く毎日読んでおります。

昨日の植田部長のデイリーを読ませていただいて、部長のサッカー好きは少し知っていたのですが、実際に若い頃にそんなにプレーをしていたとは知りませんでした。そういえば初めて会った18、9年前はスリムでそんな体型っだったように思います。
今は違うスポーツの体型(?)になってらっしゃいますが、、。(笑)

先日 プロのサッカー選手の方と商談しました。

高校時代にブラジルに3年間サッカー留学をされたそうです。日本の高校レベルではかなりの選手だった方だそうですが、現地に行くとご自分より若い選手の中に自分よりウマい選手が多々おり、驚かれたそうです。

私、サッカーはあまり詳しくありませんが、ロマーリオというワールドカップでも活躍されている有名選手と同級生になったそうです。

この人の動きが人間じゃないほどの動きで、やはり凄かったとの事。一緒にプレーしていると、瞬間見えなくなるくらい動きがすごかったそうです。

ピンポン球くらいの大きさのボールをリフティング(足や胸や頭、手以外の場所でボールをコントロールして地面の落とさない。)しながらご飯を食べれる。
1000回でも1万回でもそのままリフティングを絶やさないことが出来るそうです。

ブラジルの選手は子供の頃からまず足でご飯を食べるトレーニングをして、手と同じくらい、そして手以上に足を器用にする練習をするとの事。その結果、商談させていただいた方もそう仰ってましたが、数メートル離れた的に小さいボールを当てるときには、手より足の方が正確に当てることが出来るようになるそうです。

以前、このページで潜在能力の事を書きましたが、

私には想像も出来ないし、練習しても出来るかどうかわからない事を実際に出来る方を目の前にすると、不可能だと思っている事も可能になるのだと改めて実感しました。

豊中店 安田でした。


Comments: コメントは受け付けていません。 Tags: 

1974年 準決勝 「オランダ×ブラジル」

2004/06/20 植田 茂夫 (毎週土曜日)


皆さんおはようございます。今日も暑くなりそうですね。

本日のタイトルでピン!ときた方、サッカー好きですね。

最近デイリーメッセージで「EURO 2004」の話題が出ているので
サッカー大好きな私としても黙ってられず一言。

「今まで見たサッカーの試合で最高のゲームは?」と聞かれたら
絶対 1974年 第10回 ワールドカップ 西ドイツ大会 準決勝「オランダ×ブラジル」と答えます。

この試合を知らない方、ビデオが出ていますので騙されたと思って一度見てください。
あこがれのヨハンクライフ率いるオランダチームのサッカーがメチャクチャかっこいいです。
背番号が9ではなく14というのも、なんとかっこいいことか!

彼が現れるまでのサッカーは、「僕攻める人、君守る人」というのが一般的でした
(我々も小学時代からそのように教わってきました)が
現在の「全員攻撃・全員守備」を最初に成功させたのが70年代のオランダのクラブチームアヤックスであり
74年のワールドカップ オランダ代表だったのです。
(中学時代、サッカー部でこのトータルフットボールを真似てみましたが20分と持ちませんでした。
キーパー以外の10人が最前線と最後列を往復し、20人でプレーをするようなものですから、そりゃ無理です)

そして、そのアヤックス&オランダ代表の中心となったのがヨハンクライフというスーパースターです。
それはプレーだけでなく、その個性的過ぎるパーソナリティからも秘話に絶えませんでした。
試合のハーフタイム中に煙草を吸っていたとか、
代表のユニフォームを自分だけ特別製で3本線で有名なアディダスを2本線にしたとか、
王室の人に懇願されたにもかからわず、「ワールドカップは一回で充分」と言って
あっさり次の代表を辞退したとか・・・

そんなクライフとオランダ代表の最初で最後にして最高のプレーが、74年の準決勝、対ブラジル戦です。
決勝戦は、皇帝ベッケンバウアー率いるチームプレー一筋「真面目サッカー」西ドイツに終始マークされ、
あまり面白くないゲームでした。
(しかし当時のオランダに勝つとは、面白くなくても優勝した西ドイツはさすがです)
このブラジル戦の個人技×個人技は、今もベストゲームと語り継がれています。

是非一度このブームの時期に見てください。
植田茂夫でした


Comments: コメントは受け付けていません。 Tags: 

機械的に賢い最近の車の弱点

2004/06/19 氏田 耕吉 (毎週金曜日)


今日は機械的に賢い最近の車の弱点について実際あった事で書かせていただきます。

先日、最近故障の多いと言われているM車の新型で原因不明のバッテリー上がりが有りました.
まだ新しい車で、バッテリーには問題なく、電源の消し忘れも無い、まったく判らない状態でした.

あまりに解明できないので、現場、現状の再現こそが、原因究明の第一と、思い試してみた所、驚くべき事実が判りました。

その車には今はやりの「キーレスゴー」が付いています。これはキーを手元に持ってるだけで、車が電波を読み取って、その人がじかにスイッチを触るだけでドアーを開閉したり、エンジンをかけたり、切ったり出来るすぐれものです。

現場は位置の関係上、運転席側を壁にぴったり寄せて駐車し、エンジンを止め、いつも助手席から降ります。バッテリー上がりの当日はガレージ内なので、ドアロックをしませんでした。

同じようにしてみると、バッテリーは上がりました.2回続けても同じです。

つまり結果は賢い未来型の車は運転席のドアーを開閉してないので、運転手が降りていないと思い、エンジンが止められても電源は待機状態のままでした。
運転席の開閉で運転手が降りたと読み取る、もしくはドアーロックをされるまで、ずっと待機状態そのままなのです。
バッテリーは上がるはずです。

この便利で賢いはずの車の起こした故障(?)ですっかり疲れたここ一週間でした。

久しぶりに車の修理(?)に携わった氏田耕吉の報告でした。


Comments: コメントは受け付けていません。 Tags: 

趣味?

2004/06/18 加藤 宣晶 (毎週日曜日)


こんにちは。
工場の加藤です。

梅雨空は、いずこへ?
天気の良い一週間です!
大阪は又明日から、思わしくない天気予報ですが。

以前、友人宅に立ち寄ったときに、
昔懐かしい「スケボー」が玄関先に
置いてありました。
昔は結構乗れたと思い、久々に乗ってみると
これがなかなか思うようにうまくいきません!
年のせいなのか、バランス感覚が無くなってきたのか、
結局うまく乗る事が出来ませんでした。

その事実が納得できず、オークションで中古品を購入し、
いい年して休日に猛練習を、していました。

自分が息切れをして休憩している間に
長女(小6)が遊びだし、2時間ほどで乗れるように…
2週間程で、同じように滑れるようになってしまいました。

何をやっても子供には負けるはずがないと思っていました。
去年長居公園で行われた体力測定でも、
筋力系は良い調子だったのですが、最後の
マラソンで長女に負けてしまいました…

会社でもメカニックとしての腕前は自分が一番と
思い続けてましたが、最近は木村さん・村上さんに
抜かれていないかと、困惑気味です。

現場から離れ気味ですが、まだまだ負けん気で
追い抜かれないよう、引き離すつもりでがんばります!

ガッツ!


Comments: コメントは受け付けていません。 Tags: 

ユーロ2004

2004/06/17 早川 慶太 (木曜日)


こんにちは。豊中店・早川です。

15日(火)・木村さんも書かれてましたが、今ユーロ2004がアツイ。

先日、誰もが注目されてたと思いますが、イングランド対フランス。素晴らしい試合でした。

後半ロスタイムでの王者フランスの逆転劇。鳥肌モンです。専門的に言えば(?)、ジダン選手のフリーキック時に壁の人数が少ないとか、その前のベッカム選手がPK外してから流れが変わった(まぁキーパー・バルデスを褒めるべきですが)。とか色々あります。

私が一番感じたのは、世界が注目してる試合で、ロスタイムでの逆転劇を決めたジダン選手の決定力、PKを止めたバルデス選手の集中力。やっぱ「超一流」だと言う事。

野球にはタイムアップがなく、9回の3アウトを取るまでは試合は終わりません。そこにまた別の面白さがありますが、タイムアップのあるルールもまた面白い。

まだまだ続くユーロ2004。
頑張ってみていこうと思ってます!

スポーツバカ2号・早川でした。


Comments: コメントは受け付けていません。 Tags: 

いい言葉

2004/06/16 氏田 裕吉 (毎週月曜日)


心のこもったメッセージをお伝えします。

数年前、ある人からこんな言葉を教えて頂きました。

「うけた恩は石に刻んで、かけた情けは水に流せ」

なんといい言葉だと感銘を受けたことを覚えています。
それ以来、この言葉を大事にしています。

俺はこんなにしてあげたのに、、、、。
あんなにお世話したのになんでだろう?
こんなに一生懸命にしてるのになんでだろう?

人間関係で悩むことは数知れません。

しかし、「かけた情けは水に流せ」ば、気持ちも少しは
和らぐと思います。

その反面、自分が他人から受けた好意や情けは絶対に
忘れてはいけないと思わせる言葉です。

「うけた恩は石に刻んで、かけた情けは水に流せ」

元気があれば何でもできる。 今日もがんばっていきましょう。

氏田 裕吉


Comments: コメントは受け付けていません。 Tags: 

美人揃い。

2004/06/14 安田 和弘 (毎週水曜日)


本日は仕事の話を。

一昨日は雨の中を仕入れの為、1000台ほどの出品車両がある、オークションに行ってきました。

昨今、インターネットの普及や、情報誌などによって、お客様も色々と下調べをして来店される事があります。

希望の車の何年式は幾らくらいの値段で雑誌に載っていたとか、ネットで見たとかそれぞれご予算等、ご自分で研究されている様子です。

「良い物を安く」これは何方でも望む事ですし、実際、大阪出身の私もなにか物を購入するときにはそれを考えて購入を検討します。

二人目の子供を授かったときに、安産祈願に奈良の帯解寺に行ったとき、「二人目だからご祈祷料まけてくれませんか?」と(冗談ですが、、)言って、身内に叱られたくらい、「安く」という意識はあります。

しかし中古車ビジネスの世界で長い事仕事をさせていただいて、「安い」ということについての意識がかなり変わってきております。

昔の人が「安物買いの銭失い」と言った事の意味が本当に解ります。

我々が店頭で販売している車が中古車であるというところから考えると、同じ年式、同じ色であっても、それまでの使われ方によって程度の違いは皆さんが思っている以上にあります。

雑誌や写真、資料などで程度を表すことは不可能とはいえ、値段だけで中古の商品を比べるという事自体にかなり無理があると思います。程度の差は確実にあるのです。

お知り合いの車を数台ご想像いただいて、「この人の乗っていた車なら5年経っていても譲り受けたいなぁ」と思える車がどれ位の割合であるか?とお考えいただければ、数ある中古車の中で本当にご満足いただける車の割合がどれ位あるかは想像いただけると思います。

ましてや、車は数百万円の買い物です。しかも、一度買えば何年も使う商品です。ホントに多少の金額の差であれば程度の良い物を選ばれるのが結局何年か後には「安い買い物をした」とご満足いただけることに繋がるのではないかと思います。

繰り返しになりますが、皆さんが思ってらっしゃる以上に、そして値段の差以上に、中古車の程度の差は確実にあります。

因みに昨日のオークションでは雨の中で1000台を下見し、(事前に出るリストには事故なしになっていても、実際にチェックすると事故をしているものとか、少ない走行距離が記載されているが、現車をチェックすると、ブレーキペダルのゴムの減りが異常に多く、メーターが???な車なども多くあります。)

結局一台も買えずに帰ってきました。必要以上に高く売るつもりなら仕入れることが出来ますし、程度に目を瞑れば仕入れる事も出来ますが、それはしたく無いといつも考えています。

業界(?)では程度の???な車を外装だけ塗りなおしたりして、一見程度良く見せてあるクルマの事を「厚化粧してある」などと言います。

今日も「ノーメイクで美人」なクルマを探して仕入れ頑張りたいと思います。

各店 展示場 美人揃いで皆様のご来店お待ちしております。

豊中店の安田でした。


Comments: コメントは受け付けていません。 Tags: 
Page 598 of 611« First...596597598599600...Last »

カレンダー

2018年1月
« 12月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
投稿 (RSS) 投稿 (RSS) 投稿 (RSS)

バックナンバー

スタッフブログの最新記事


リンク集

サイト内検索


Go Top