長生きしてくださいね!

2004/06/07 安田 和弘 (毎週水曜日)


私 お爺ちゃんお婆ちゃんと話すのが好きです。

私の結婚式のスピーチで高校時代の同じクラブ(バスケットボール部でした)の友人が、「こいつはお爺さんお婆さんと話するのが好きで、一緒に歩いていて、すれ違ったお婆さんとズーっと立ち話をしてるので、知り合いかと思って待っていたら全然知らない人やったんです(笑)」ってな事を言ってましたが、そんなことも多々ありました。

小さい頃から父親の両親と同居で、所謂おじいちゃん子だったからかも知れません。

年配の方と話していていつも思うのは、今の自分の悩みや考えてる事なんて本当は大したことじゃなく、年がいけば笑い話になるのでは?という事です。

大人になってから子供の悩んでる事を聞くと、なんでそんなつまらない事を死ぬほど悩んでるの?って言う事が多いです。しかし、自分にも覚えがありますが、その年齢の時にはその狭い考えや、世界が全てで、そりゃ真剣な悩みなんですよね。(友達がどうとか、好きな子がどうとか、先生に叱られてとか、、、。)

でお爺さんお婆さんと話してると、その方々にとっては40歳にもなってない私などはまだまだ子供で、「なにをそんなしょうもない事で悩んでるの?命に関わることじゃなし、、、」ってな具合なんじゃないかと。

実際、今はもう亡くなって何年か経ちますが、私の母親方のお爺さんなんかは、戦時中、満州に開拓団の先生として大陸に渡り、一緒に行っていた家族(私の母親含む)をギリギリで日本に帰国させ、自分はソ連兵に捕まって、ソ連に抑留され、数年後に奇跡的に日本に帰ってきた人でした。

何処に連れて行かれるか解らない輸送の後、零下何十度の極寒の収容所で、一緒に床に入った仲間が朝には冷たくなって行く状況の中、家族にもう一度でも会えるかどうかも解らず、帰国できるかどうかも解らない暮らしを何年も、、、、、、、。

私なら話聞いただけでその状況なら一週間でダウンしそうです。

そんなお爺ちゃんにしてみれば、「不景気?毎日一応ご飯は食べれるんやろ?」「クレーム?命に関わることじゃなし。」ってな具合なんじゃないかと思います。

人生の大先輩から教えてもらう事はまだまだ一杯ありそうに思います。

氏田光政サービス顧問(HPスタッフ紹介参照)、まだまだお若くて元気ですが身体に気をつけていつまでもご指導下さい。よろしくお願いいたします。

豊中店 安田でした。


Comments: コメントは受け付けていません。 Tags: 

最近の低年齢化について

2004/06/06 植田 茂夫 (毎週土曜日)


皆さんおはようございます。日増しに暑くなってきましたね。

本日は子を持つ親として、やはり佐世保の事件が気になり
最近の小学生について5年と高校の息子に聞いてみました。
「なんであそこまでやるんや?父の頭では理解できん」と。

「キレル」「ウザイ」、私には非常に気分の悪い排他的な言葉です。
このような言葉を普通に使う子供たちは、なぜ切れた後に見境が無くなるのでしょうか。
「何処が境目かわかってはいるけど、止めれない」「言いたい事を言うこと自体がじゃまくさい」
「周りが見えず判断がつかなくなる」等の答が返ってきました。

難しい児童心理はわかりませんが、ゆっくりと成長する判断能力を超えて
子供達の周りには大量の情報とツールが氾濫しています。
判断能力の乏しい子供達は後の言葉や行動までは予想できずに行動を
起こしているところが大きな要因だと言っていました。

大人の世界も良く似ていませんか。時間と情報が早すぎるのだと思います。
ついていっているフリをしているのだと思います。
後は適当に処理しとけばわからない。と、

30年代生まれの私の小学生時代と何が違うのでしょうか。
明らかに今の子供達の方が学力がついていますので、
そういう意味ではどちらの時代が良いかはわかりませんが
ひとつ言えることは昔の方がオープンであったということは間違いなさそうです。


我々の子供の頃は、行動範囲と仲間がおおよそ決まっていました。

朝、家を出て友達と学校に行き、放課後学校で夕方まで遊ぶ。
何年か一緒にいる友達なので変化がよくわかった。
休みの日には自転車で行動範囲を広げる。夏は毎日のようにプールに行く。
だいたいこの程度の繰り返しでしたから、単純明快で
おおよそ子供の行動は親も想像がついていたことと思います。
子供の方も何か起こってもなんとかなる子供の世界の範囲にしかいさせてもらえず、
大人の世界は少し興味がある程度、これが我々の頃の小学生でした。

現在はというと、家にいながらTV・パソコン・ケーブルから情報が収集できる。
親の知らない事を簡単に手に入れる事ができる。
外で遊ぶよりこちらのほうが面白い。又家から出たら携帯があり
塾で自分の時間がへれば、そこで他校の生徒から今まで知らなかった環境の情報を得る。
昔と違い非常に広い世界(情報源)が、僅か10才前後の子供の世界にもあるのです。

このように書くと便利な時代、合理的な時代に見えてしまうのですが
それは、自分にとって要、不要の判断が出来る大人の考え方で
(パソコンは大人でも不要な世界にのめりこみます)
実際に10才や12才の小学生が判断を持って要、不要の
線引きが出来るかというと私は無理だと思います。

近い将来このような便利なツールに対して年齢制限の規制が必要だと思えてなりません。
映画館では年齢制限が行われていますが、それをケーブルでTV放送する時は
自宅でどのような場面でも見れるのです。

携帯・パソコン等も子供専用が出来たらよいと思います。

我々の大人の世界を簡単に共有させない事が必要なのではないでしょうか。

今回の事件で、よく似た内容のTVドラマが中止されたと聞きました。
あたりまえといわれれば、あたりまえですが、大人が見る番組に規制がかかるのです。
ニュースもそのうちこの分野は放送しない。
戦争の映像はダメ!恋愛ドラマもダメ!お笑いだけ。なんてことになるかもしれません。

このままではTVの規制がどんどん増し、無法のパソコンは
逆にますますエスカレートするように思います。

ダラダラと書きましたが、最近低年齢化が進んでいるので気になります。
大人の世界と子供の世界、皆さんどのように思われますか。

植田茂夫でした


Comments: コメントは受け付けていません。 Tags: 

少々しらけたデイリーメッセージ

2004/06/05 氏田 耕吉 (毎週金曜日)


本日は新聞ネタの好きな氏田耕吉です。

国会は年金改革関連法案でオオモメの様子です。

不信任決議案や解任決議案などが次々出され、その挙句、長時間に渡る演説や牛歩戦術で引き伸ばす。
年金の未加入や未払いをしている国会議員が決めようとしている、内容すらよくわかっていない人達で決めるんじゃあ、どうしようもない気になってしまいます。
今の与野党の勢力から言うと決まるのは当たり前。それより、狙いはこの今の政治状況を国民がどう受け止めるか?だそうです。
が、まさにシラケ国会ですね。

何でもそうでしょうが変化は起きて来るので、変更しなければなりません。で、この変更がどうなるか?です。

先週の土曜に書いた 「日にち薬」 がこのケースでどのように効いてきて世の中がどうなっていくのかを見守るしかありません。

私が、給与天引きで35年かけて来た年金の受け取りが法律の変更で変化が有りそうです。それ以上に今年の10月から厚生年金保険料が上がって、手取り給与に変化が有るのが辛い限りです。

私達は目先にとらわれず、とにかく一生懸命やりますので、法律を決める方々もまじめに一生懸命でお願いします。

以上、少々しらけたデイリーメッセージでした。


Comments: コメントは受け付けていません。 Tags: 

快適な自動車♪

2004/06/04 加藤 宣晶 (毎週日曜日)


こんにちは!
工場の加藤です。

梅雨入りもひとまず延期!
しかし…梅雨が来るのが恐い!

作業場の台数は限りがあります。
梅雨の時期になると路上が使えなくなってしまうので
簡易点検&作業が出来ず、流れや段取りがうまくいきません。
(路上は作業場では無いんですが)

お渡し前の洗車も二度手間になったり
洗車自体が旨く出来なかったりと
なかなかやっかいな物です。

二輪(チャリンコ含)にお乗りの方も
やっぱり辛いですよね?

二輪に良く乗るようになってから初めてわかる
自動車の便利さ!
雨が降っても、ワイパーをかけるだけ!

クーラーで湿気も取れて気持ち良し!

煙草も吸えて、音楽も聴けてetc。

いつもこの優遇された状況になってしまうと
慣れてしまって当たり前になっちゃうのですが。

梅雨が有るから天気が嬉しい!
今日も「プラス思考」で良い一日を!

★大量入荷しました激安DVDナビゲーションキャンペーン!
何と!残り9台です!お急ぎ下さい!!!★


Comments: コメントは受け付けていません。 Tags: 

安物買いの銭失い??

2004/06/03 早川 慶太 (木曜日)


こんにちは。豊中店・早川です。

今回はちょっと恥ずかしい失敗をカミングアウト致します(泣)

1ヶ月半ほど前からコンタクトレンズ(ソフトレンズ)を使用し始めました。
お陰様で長年悩んでいた急な頭痛もなくなり、視界もクッキリで、あの面倒くさい朝夜の取り外し&洗浄を除けばいい事だらけで「はよ買っとけばよかったな~」と非常~に満足してました。

今回、眼科さんから頂いていた保存&洗浄液がなくなり、急いでいたのでとなりのコンビニへ買いに行ったのが悪夢の始まりです。
1,300円のと1,100円の2種類ありました。当然1,100円の方を買いました。説明書きも何も読まずに・・・(箱もデカかったし)

早速、コンタクトをその液にヒタヒタにつけて右目にピタッ・・・「うっっああああ!」凄まじい激痛でした。
それもそのはず!ハードレンズ用の洗浄液でした。説明書きには「よく水ですすいでから付けて下さい」と。

眼科行かなあかんわ、お金かかるわ、目はその後1日痛いわ、、、散々です。

解釈ちょっと間違っていますが「安物買いの銭失い?」
買い物する時は、よく説明を聞いたり、パッケージの説明をよく読みましょう。
その後、必要以上に慎重に買い物するようになりました。

クルマでも似たようなことがあると思います。
プライスも大事ですが、それが全てではないと思います。購入から後々の修理サポートまで。また、クルマの取扱い説明書は軽くでも目を通して頂ければ幸いです。意外と知らなかった便利な機能がある事が多いですよ。

ちょっとコジツケの様ですが、ホントそう思いました。

さぁ、今日もご説明をしっかり仕事します!
早川 慶太


Comments: コメントは受け付けていません。 Tags: 

営業マン

2004/06/02 氏田 裕吉 (毎週月曜日)


心のこもったメッセージをお伝えします。

6月1日より社内移動があり、営業の部署に移りました。
前職では約1年ほど営業をしておりまして、それ以来の営業の仕事になります。

これからはたくさんのお客様といい出会いができればと思っています。
そして、一生涯お付き合いができればまさにこの上なしです。
これからもよろしくお願いします。

元気があれば何でもできる。 今日もがんばっていきましょう。

氏田 裕吉


Comments: コメントは受け付けていません。 Tags: 

蛍の夕べ

2004/05/31 安田 和弘 (毎週水曜日)


こん○○わ。 


なんだか急に夏になりました。しかし暑いですね。超汗かきの私は今日も汗だくでした。

先日、新聞折込に「蛍の夕べ」のチラシが入っていました。


去年5月に万博公園の近くの今の家に引っ越して、最初に近くに出かけたイベントがこの

「蛍の夕べ」でした。

あれから一年。あっという間の一年でした。


「蛍の夕べ」は万博公園で年に一度催される蛍の鑑賞会で、万博公園の迎賓館の日本庭園を開放して、生息している蛍を鑑賞するイベントで、蛍が光って飛ぶ短い期間にあわせて開催されます。


去年は仕事が終わってから最終日のギリギリ9時に滑り込んで、日本庭園の散策コースを一周。

その間何箇所かのポイントで綺麗な蛍の光を楽しむことが出来ました。


不思議で綺麗で幻想的で、、、、。ほんとお勧めです。


今年は5月の21日~23日の金土日。5月28日~30日の金土日。これは終わってしまいましたが、

最終回の6月4日~6日の金土日にはまだ間に合います。 駐車場は夜8時半まで入庫可能。

日本庭園の会場は、21時30分までで、21時まで入園できます。

見ごろは20時ごろとの事です。


入園料は大人250円  小中学生70円。


お問い合わせは 06-6877-3331万博記念機構 事業推進課 まで。


夕涼み(?)がてらに如何ですか?

今年の目標達成に向けて、こちらも尻に灯が(火が)ついている豊中店の安田でした。


Comments: コメントは受け付けていません。 Tags: 
Page 621 of 632« First...619620621622623...Last »

カレンダー

2018年10月
« 9月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
投稿 (RSS) 投稿 (RSS) 投稿 (RSS)

バックナンバー

スタッフブログの最新記事


リンク集

サイト内検索


Go Top